チアシードに副作用があるって本当ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
チアシードの副作用って?

チアシードを食べて、下痢や腹痛になったという方がいます。チアシードには副作用はありませんが、副作用に似た症状を起こすことが数多く報告されています。

また一部の医薬品でも問題が指摘されています。チアシードの副作用といわれる原因と対策は?

 

お腹が緩くなる。。それって副作用?

チアシードを食べると腸の働きが良くなります。もちろんお通じが良くなりますよね!しかし腸のぜん動運動が活性化し過ぎると、ゆるゆるになることがあります。食べ合わせによっては下痢に近い状態になることも。これって副作用ですかね?

でもこれは一時的なものです。一部の危険性を除けば・・・ 

頭痛になったと聞きますが?

チアシードは血液をサラサラするDHAやEPAなどを増やす作用があります。青魚の良質脂質として有名ですよね!動脈硬化や血管内の血栓を溶かして、血液の流れを良くすることで知られています。チアシードにはこの成分を体内でつくりだす作用が認められています。

もちろん脳内の血流も良くなるため頭痛がする方もいます。また血栓を溶かす性質から、血管内壁から剥がれ落ちた血栓が、さらに奥に流され血管が詰まることも稀にあるようです。頭痛がひどい場合は、病院で診断してください。 しかしこれらも副作用とは言えませんよね!

太ってしまった?

チアシードを食べれば食べるほどダイエット効果がある、と勘違いする方がいます。そんなことはないですよ!チアシードは6大栄養素をバランスよく備えた超優良補助食品ですが、カロリーもしっかりあるため、食べ過ぎれば当然太ります。チアシードに含まれるカロリー量は大さじ1杯分(15g)で58カロリーほどです。

ごはん一善で約180kcalですから、おちゃわん3分の1ぐらいのカロリーですね。副作用としてチアシードを食べて太ったという方は、チアシードの副作用ではなく他に原因があるのではないでしょうか。

こちらで、チアシードのダイエット効果を高める方法をご紹介しています。スアシードでスッキリとダイエットしてください。

薬の飲み合わせにご注意あれ!

薬を服用されている方は、チアシードの摂取を医師に相談してください。医薬品よっては、薬の効果に影響がでるものがあります。

例えば、抗凝血剤の作用に影響して、出血期間が延びることがあります。また高血圧で降圧剤を服用されている方は、血圧を下げ過ぎてしまうことがあります。

ご心配な方は、医師や薬剤師に相談してください。難しい場合は、チアシードを食べる時間と薬を服用する時間を1時間以上離してください。しかしこれらはチアシードの副作用ではなく、食べ合わせの範疇です。

まとめ

  • チアシードには副作用はない!
  • 効果的な反応(過作用)によって、下痢や頭痛を起こすことがある!
  • 食べ過ぎるとダイエット効果が弱くなることがある!
  • 薬との飲み合わせには十分気を付けてください。
チアシードは正しく食べることで、副作用のない効果の高い優れた食品です。
 
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!身体機能を高めるファイバープロテイン

スポーツ機能をレベルアップ!今まで困難とされてきた骨や軟骨、じん帯や腱などの強化を栄養面からサポートするファイバープロテイン!

今なら無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます!


無料トライアルの特典をみる!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*