【ガングリオン】の原因&症状と3つの治療法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ガングリオン

ガングリオンは、関節周辺にできたゼリー状の物質がつまったコブ(腫瘤)です。

良性ですから放置しても問題なしですが、手首などにできるとスムーズに動かせなくなるなどの症状が起こります。その場合は、ガングリオンを除去する治療が行われます。

 

ガングリオンは無症状!

ガングリオンは米粒からピンポン玉ぐらいの大きさで、関節周辺にできる腫瘤です。硬さはブヨブヨとした柔らかいものから、硬いものまであります。基本は無症状ですが、神経の近くにできると神経を圧迫して「しびれ」「痛み」「麻痺」などの症状を起こします。 

ガングリオンができる原因

関節液の一部が滞留・蓄積することで、濃縮されゼリー状になったものと考えられています。多くの場合、関節の滑液を包み込んでいる関節包の一部とつながる形で形成されます。手足の関節に多く現れますが、それ以外でも腱鞘や神経、筋肉や骨にもガングリオンがでます。スポーツなどでの関節の酷使は原因なりません。 

ガングリオンのできやすい人

ガングリオンは若い女性によく起こります。20~50歳ぐらいまでが最も多く、女性は男性より3倍ほど発症率が高いとされています。しかしその原因は解明されていません。

ガングリオンの診断

ガングリオンの腫瘤に注射器を刺して中身を吸引します。ゼリー状のものが吸引されれば、ガングリオンと診断されます。内部に発症している場合は、エコーやMRIで診断されます。 

ガングリオン3つの治療法!

1、放置して自然になくなるのを待つ治療!

症状がないようなら、治療をしないまま放置しても構いません。自然消失も多く報告されているため「とりあえず治療をせず様子をみましょう」ということが多いようです。 

2、注射器で「吸引」」治療、または「つぶす」

気になる場合や症状がある場合は、注射器で内容物を吸引するか、乱暴ですが押しつぶす治療が行われます。しかし症状が再発することも多く、経過観察することになります。 

3、手術で「摘出」治療

ガングリオンそのものを摘出します。再発を繰り返す場合や、症状が続く場合に行われる治療です。しかし手術をしても再発の恐れがあります。 

<気になる関連記事>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!関節を鍛えるファイバープロテイン!

どうすれば「関節」を丈夫にできますか?

栄養からできている関節の主要成分は、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型コラーゲン、コンドロイチン、グルコサミンです。これらが全て配合された ≪ スポコラSPEED 3X ≫ は、あなたの快適なスポーツライフに貢献します。

業界初!のトリプルコラーゲンが、今だけ無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます


★ 今だけチャンス!人数限定 ★

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*