骨折率リスク1.6倍!牛乳の飲み過ぎで骨密度が低下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
牛乳の飲み過ぎ

まさか!骨を丈夫にするために飲んでいたのに!
骨折のリスクが牛乳の飲み過ぎで増えていたなんて。。。

牛乳を飲み過ぎると「骨密度」が低下して、骨折のリスクが高まることが分かっています。しかしある成分をとることで、骨密度が上がることも分かってきました。

 

骨折リスクが高まる牛乳の飲み過ぎ

医学5大誌の1つであるBMJに「牛乳を1日3杯以上飲む人は、骨折発生率と死亡率が上昇する」という結果が掲載されました。(2014,349,BMJ,Milk intake and risk of mortality and fractures in women and men:cohort studies)

骨折と牛乳の調査

調査は、スウェーデン中部に住む10万6千人(女性6万1千人、男性4万5千人)の中高年を対象に、女性は20年、男性は11年間追跡して行われました。

骨折と牛乳の調査結果

結果は、牛乳を1日3杯以上飲む女性は、1日1杯未満の女性よりも、骨折1.16倍、大腿骨頸部骨折1.6倍、全死亡率1.93倍、心血管死1.90倍、がん1.44倍と高いことが分かりました。男性のリスクも高いことが分かりましたが、女性ほどの開きはありませんでした。

一方、チーズやヨーグルトなどの乳製品は、反対に骨折率が軽減することも分かりました。以上のこのから、骨折リスクは牛乳の飲み過ぎで高まることが判明したのです。その他、複数の研究機関でも同様の指摘がされています。

骨折リスクが高まる牛乳の作用?

骨折リスクは、なぜ牛乳の飲み過ぎで高まるのですか?なぜ牛乳は骨密度を低下させるのですか?

それは牛乳の魅力である「カルシウム量の多さ」と「吸収力の高さ」にあります。一見すると牛乳はスゴイ!と思うかもしれませんが、その特徴が反作用を起こすのです。

カルシウムは多くても少なくてもダメ

血中カルシウム減少

血液中のカルシウム濃度は、ほぼ1%で安定しています。カルシウム量が1%を超えると、血管や内臓にカルシウムが蓄積して石灰化を起こします。それを防ぐために、余分なカルシウムを体外に排出して1%を維持します。反対に血中のカルシウム量が減少すると、ホルモンや神経のバランスを崩すため、骨を分解してカルシウムを血液中の供給します。

このホメオスタシム(恒常性維持機能)といわれるシステムが、牛乳の飲み過ぎによる骨密度の低下をまねく原因になるのです。

牛乳の飲み過ぎがカルシウムを排出!

血中カルシウム増加

カルシウム量が多く吸収性が高い牛乳を飲むことで、血液中のカルシウム濃度は一気に増加します。すると維持機能はあわててカルシウムを排出します。急激に排出されたことで、1%を大きく割り込んでカルシウム濃度が低下します。すると更にあわてて骨を分解して血液中にカルシウムを供給します。これを繰り返すことで、骨密度(骨量)は低下していくことになるのです。

これが、骨折リスクを引き上げる牛乳の作用です。では骨密度を上げるには・・・・・?

骨折リスクが激減する3ポイント

骨のカルシウム量を増やし、骨を丈夫にして骨折リスクを低下させるには、3つのポイントがあります。1つは骨密度を下げずにカルシウム量を増やす「カルシウムの正しいとり方」、2つめはカルシウムを骨に蓄える「ファイバープロテインの効果」、3つめは運動などで「骨に負荷をかける」ことで、骨に栄養を集中させます。それらにより骨折のリスクが確実に低下します。

カルシウムの正しいとり方

牛乳も1日コップ2杯程度なら問題ありません。できれば、唾液と混ぜながらゆっくり飲んでください。もしもそれ以上の牛乳をとりたいのであれば、料理に使うことをおすすめします。

カルシウムの正しいとり方のポイントは「スロー」です。ゆっくりと吸収・消化されるのが最適です。代表的なものは菜っ葉や野菜、小魚などで、牛乳も料理に使うことでスローフードになります。

ファイバープロテインの効果

骨の柱ファイバープロテイン

カルシウムだけでは、丈夫な骨は作れません。

カルシウムは石灰と同じで、硬くてもろい性質をしています。落せば割れ、欠けることもあります。丈夫な骨とは落としたときに跳ねる柔軟性があります。曲げても折れずにしなる性質もあります。

それを支えているのがファイバープロテイン(コラーゲンの一種)です。これが骨の内部でネット状の土台となって、それにカルシウムがはまり込む状態になっています。

詳しい骨の構造とコラーゲンの関係は「骨折の治療期間を3倍早める2つのタンパク質!」でご紹介しています。

例えるならば、ヘチマのタワシの様なものです。それに粘土(カルシウム)を塗っていくような感じですね!これが骨の構造です。ちなみに骨粗鬆症は、このネット(ファイバープロテインといわれる繊維状のタンパク質:コラーゲン)が減少して、スカスカの状態になることで、カルシウムが骨から流出する症状のことです。牛乳だけをとるリスクがここにもあります。

骨に負荷をかける

運動で骨を強くする

さらに、大事なことがあります。骨に力をかけることです。運動でも散歩でもかまいません。そうすることで骨に栄養がいきやすくなります。栄養は必要なところから優先的に供給されるのです。

宇宙飛行士が帰還すると、骨密度が低下していることが有名ですが、それは無重力で骨にほとんど力が加えられないためです。そのため宇宙飛行士はコラーゲンの摂取を積極的にするといいます。寝たきりで骨密度が低下するのも、骨に力を加えることが少なくなるからです。 

骨折と牛乳のまとめ

  • カルシウム量が多く吸収力の高い牛乳は、骨密度を低下させる!
  • 骨折のリスクを低下させるには3つのポイントがある!
  • カルシウムをスローフードでとること!
  • ファイバープロテインでカルシウムの定着率を高める
  • 運動などで負荷を与えることで、栄養が骨に集中する

<関連記事>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!骨を鍛えるファイバープロテイン!

骨の命は「ファイバープロテイン」です!

骨は網目状の繊維タンパク質が柱になって、丈夫な骨を築きます。建物に例えると鉄筋コンクリートの鉄筋の役割をしています。鉄筋が少ないと建物はもろく崩れてしまいますよね!

≪スポコラSPEED 3X≫は、骨に必要な3種のコラーゲンとコンドロイチン&グルコサミンを高配合したファイパープロテインです。

今だけ無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます


★ 今だけチャンス!人数限定につきお早めに! ★ 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. sachiko watanabe より:

    膝骸骨骨折した部位の骨の融合にも有効ですか?

    1. Dr.SUDA より:

      骨の種類によって骨の構造は多少違いがあります。しかし基本的には、骨タンパク質が土台になってカルシウムが定着する構造には変わりはありません。期待されて問題ありません。

コメントを残す

*