末端冷え性を1日で改善する2つのスーパーフード!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
末端冷え性の改善

運動しても、なかなか改善しない末端冷え性!

通常は運動や筋力アップで冷え性は改善します。しかし、それでも「末端冷え性」が改善しない場合があります。

そんな時、あるスーパーフードがお役に立っています。冷え性の即効的改善も期待できる2つの食品をご紹介します。

 

末端冷え性はスポーツに不利?

冷え性は、エネルギーの代謝力を低下させます。また怪我のリスクが高まり、回復力も下げてしまいます。さらに疲れやすく疲れが抜けるのに長い時間を要します。身体の動きも悪くなることから、スポーツの上で良いことは何もないですね!

さらに肩こり、肥満、体調不良、免疫低下、不妊、流産、ガン、脳血管疾患、心疾患、高血圧などの、さまざまな病気の温床になります。

 そもそも末端冷え性とは

「末端冷え性」とは、身体が温まっても手先や足先が冷えている状態で、それが日常的に起こっています。いつも手足が冷たく、温めでもすぐに冷たくなってしまいます。それが「末端冷え性」です。

末端冷え性の原因とは

末端冷え性の主な原因は「血行不良」で、特に手先や足先で起こります。それは筋肉の減少、血管の老化や動脈硬化、運動不足などで引き起こされますが、筋力を増強しても改善しないことがあります。 

筋肉は伸縮することでポンプの働きをして、全身の血流をサポートします。また筋肉は、糖や脂肪を熱に変える機関でもあります。筋肉量の少ない女性や高齢者に末端冷え性が多いのはこのためです。 

末端冷え性の隠れ原因!

筋トレや運動をしても、なかなか末端冷え性が改善しない方は、血管の「老化」や「動脈硬化」を疑われます。それらが起こると血管が硬くなり、伸縮性や柔軟性がなくなります。それはポンプ機能が低下して血流が悪くなることを意味します。結果的に運動しても改善しない「末端冷え性」になるのです。

末端冷え性を1日で改善する方法!

「末端冷え性」を簡単に改善する2つの方法をご紹介します。

1つめは「生姜」に含まれるショウガオールを増加させて体を芯から温める方法です。もう1つは血管の伸縮性と柔軟性を高めて血管年齢を若々しくする「ファイバープロテイン」の活用です。

「ウルトラ蒸し生姜」の効果!

生姜は末端冷え性を改善すると思っている方が多いようですが、実は身体を冷やしていたのです。 

生姜には「ジンゲロール」と「ショウガオール」という成分が含まれています。ジンゲロールは、末端の毛細血管を広げて皮膚表面の血流を良くします。しかし血液を皮膚に集中させたことで、体の中心部が血流不足になり、30分ほどで身体の芯が冷えてきます。 それにより末端冷え性はさらに悪化していきます。

ショウガオールは胃腸を直接刺激することで、体を芯から温めます。その2つの成分のバランスが良いのが「ウルトラ蒸し生姜」です。日常的に使うことで、末端冷え性改善の特効薬になります。 

ウルトラ蒸し生姜10倍の改善効果

生姜による体温変化

ウルトラ生姜で、末端冷え性の改善力は10倍になります。

生やチューブの生姜は、ジンゲロールの割合が多いのが特徴です。そのため身体は一時的には温まりますが、その後に身体を冷やすことになります。 

そこで「ウルトラ蒸し生姜」にすることで、ジンゲロールがショウガオールに変化します。生の生姜と比較した場合、ショウガオール含有量は10倍違います。 

「ウルトラ蒸し生姜」のつくり方!

  1. 生姜を皮ごと1~2㎜程度にスライスします。  
  2. スライスした生姜を30分ほど蒸します。
  3. そのあと乾燥させます。(天日で1日、室内で1週間ほど)
  4. お好みでミルなどで粉末にします。
  5. 密閉すると冷蔵庫で3ヶ月ほど保存できます。 

「ウルトラ蒸し生姜」の使い方!

いろいろな料理や飲み物に、ふりかけのように使うと便利です。 継続的に末端冷え性の改善を期待するなら、1度に1~4gを1日3~5回ほど使うと効果的です。

血管年齢を若くする!

末端冷え性の改善には、血管年齢といわれる血管の柔軟性が関係しています。血管の柔軟性を担っているファイバープロテインといわれるコラーゲンです。血管の柔軟性や伸縮性を支えています。詳しくは「スポーツ界が注目するファイバープロテイン」で説明します。 

血管の伸縮性をうみだす!

ファイバープロテインの仕事は、伸縮性や弾力性にあります。血管は血流量にあわせて伸縮して圧力を分散します。しかし伸縮性が弱いと血流量の変化に対応できず、末端まで血液が届かなくなります。その血管内壁の90%は 伸び縮みするタンパク質(ファイバープロテイン)です。

血管を若々しくする! 

ファイバープロテインは、ストレスや活性酸素などで硬く(老化架橋)なります。ファイバープロテインが作られるサイクルは3~9ヶ月ほどですので、一度硬くなると伸縮性や柔軟性がない状態が継続します。その改善策として、コラーゲンの代謝をあげる方法が有効とされています。 

血管の伸縮性

コラーゲンの代謝アップは、栄養療法で行います。しかしコラーゲンを含む食品は、脂質が多く消化に時間がかかるため、通常はサプリメントが使われます。

効果的なものはⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲン、コラーゲンの再合成に必須なビタミンC、代謝サポートのビタミンB類などを含むものです。ビタミンCは、疲れやストレス、喫煙や寝不足で大量消費し、体内で蓄積もできません。習慣的に摂取することで、血管の柔軟性を維持して末端冷え性の改善にも貢献してくれます。 

末端冷え性改善のまとめ

末端冷え性は、スポーツの機能を大きく低下させます。通常の方法で改善しない場合は、「ウルトラ蒸し生姜」や「ファイバープロテイン」を活用してはいかがでしょうか?中長期的に末端冷え性を改善されたい方は、継続した活用をご検討ください。

<お役立ち記事>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!身体機能を高めるファイバープロテイン

スポーツ機能をレベルアップ!今まで困難とされてきた骨や軟骨、じん帯や腱などの強化を栄養面からサポートするファイバープロテイン!

今なら無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます!


無料トライアルの特典をみる!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*