風邪をひきやすい人が3日で変わる免疫力アップ呼吸法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
風邪ひきやすい

運動していても風邪をひきやすい人!いますよね。

なぜ風邪をひきやすいのでしょうか?
運動の仕方で免疫を下げることがもあるのです!

それは簡単な方法で、改善することができます!

 

【お役に立ちます!関連記事】

なぜ、風邪をひきやすいのか?

風邪をひきやすい理由は「免疫力の低下」です。

細菌やウィルスに接触する機会が多ければ、免疫の消費は増え結果的に免疫を低下させます。しかし同じ環境でも、風邪をひきやすい人とひきにくい人がいますよね。それは免疫力の違いによることが多いのです。

その免疫力が低下する最も大きな原因!それは「呼吸の方法」です。

運動をしていても免疫が低下する原因

免疫が下がる原因もさまざまですが、免疫低下の9割は2つの原因で説明できます。

1つは低体温症です。体温が1℃下がると、免疫は3分の1以下に低下します。逆に体温が上がると免疫力は高くなります。

もう1つは免疫の過消費です。細菌やウィルス、アレルゲンや病気などで免疫を消費していると、全体の免疫量は低下します。そんな体が弱っているときは、風邪にかかりやすくなります。

この「低体温」「免疫の過消費」の2つが免疫を低下させる最大の原因です。

実は運動をしているときに、この2つの原因を引き起こしているのです。

免疫力低下を防止する2つのポイント!

2つの原因による免疫低下は、呼吸法で解決することができます。その呼吸法は腹式呼吸による「鼻呼吸」です。

呼吸法で低体温を防止する!

免疫アップ呼吸法!

鼻腔には、口にはない特殊な機能が備わっています。そのひとつが低体温を防ぐ「温度湿度調整機能」です。寒気を口から吸い込むと、冷気が気管や肺を冷やし機能低下を招きます。しかし鼻から寒気を吸い込んでも、気管に達するまでに体温と同じ温度まで加熱されるのです。

湿度についても、90%まで加湿して肺に届けます。

ちなみに北極圏では、口呼吸はダブーです。口から極寒気を吸い込むと、肺が凍ってしまいますから「鼻呼吸」が常識になっています。体を冷やさない機能が「鼻呼吸」にはあるのです。

呼吸法で免疫の過消費を防止する!

免疫低下のマスク利用

免疫力の低下を防ぐには、免疫を浪費させないことです。

細菌やウィルス、アレルゲンや病原菌などの有害物質を、体内に侵入させないことです。これも「鼻呼吸」で軽減することができます。

鼻腔には、細菌やウィルスなどの有害物質を除去する「膜繊毛フィルター」が備わっています。

それにより15μm以上の物質は100%、5μm(毛髪の140分の1)の50%を除去することができます。これより小さい細菌やウィルスは、粘膜に吸着させます。この機能は口にはありません。

通常マスクを利用することが多いと思いますが、マスクの常着はかえって免疫を低下させることになります。

免疫をアップする鼻呼吸法のすすめ!

鼻呼吸3つの方法

免疫を高いレベルで維持するには「鼻呼吸」を習慣化する必要があります。まずは「鼻呼吸」を身につけましょう。通常3日ほどで違和感なく日常化することができます。

鼻呼吸の習得法は「口呼吸を鼻呼吸に改善!誰でもできる3つの方法とは?」でご紹介しています。

もう1つ大切なことは、この呼吸法を無意識でできるように習慣化することです。

 

【お役に立ち関連情報】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!身体機能を高めるファイバープロテイン

スポーツ機能をレベルアップ!今まで困難とされてきた骨や軟骨、じん帯や腱などの強化を栄養面からサポートするファイバープロテイン!

今なら無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます!


無料トライアルの特典をみる!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*