骨密度があがり骨粗鬆症を予防した68歳女性がしたこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
骨粗鬆症の女性

 「骨密度はもう二度とあがりません。」そう言われたのは68歳になる女性です。

骨粗鬆症になった高齢者の方は病院でこう言われるでしょう。その医学界の定説をくつがえし、骨粗鬆症の予防と改善に成功した方が増えています。

そこには2つの共通点があったのです!

繊維タンパク質(ファイバープロテイン)で骨量UP

骨タンパク質骨量(骨密度)は、骨の中のカルシウム量のこと。しかしカルシウムをとっても骨量が変わりません。なぜならカルシウムが骨に定着する土台や柱が不足しているのが骨粗鬆症の主な原因だからです。

骨の土台は、ヘチマたわしのような構造になっています。細かい網の目が縦横無尽につながっている状態です。そこに無機物であるカルシウムが付着しているのです。

つまり骨密度は、その網の目の細かさで決まります。この構造を構成するのがファイバープロテインであるⅠ型コラーゲンです。骨タンパク質であるコラーゲンの量を増やすことで、骨密度を上昇させることができます。

しかしそのためには、もう1つの条件がありました。

 

骨密度UPの必須条件

実際の骨内のファイバープロテイン

実際の骨内のファイバープロテイン

栄養(Ⅰ型コラーゲン)をとっても、それが骨に使われるかは分かりません。栄養には使われる優先順位があるのです。それは必要とされている順番です。

骨に栄養を届けるには、骨に力を加える必要があります。負荷をかけることでそこに栄養がいきやすくなります。骨を丈夫にするには運動や散歩が必要と言われるのはこのためです。

運動不足や寝たままでは、いくら栄養をとっても骨には到達しません。使うからこそ必要とされるのです。

骨密度を向上させ、骨粗しょう症を軽減されたい方は「骨折を早期回復させ骨を丈夫にする栄養活用術!」もご覧下さい。

 

骨粗鬆症を予防するためにしたこと!

もともとスポーツ用品店の奥さんであったその女性は、店で販売していたファイバープロテイン(スポーツコラーゲン)を摂取しただけだった。本人も疑心暗鬼で気休め的に使っていたらしいが、病院の検査でもっとも驚いたのが本人だった。

65歳以上で骨密度が向上したケースの多くに、コラーゲンの摂取と適度な運動がみられた。つまり「栄養と運動」が共通点だったのだ。

解説

年齢とともに減少する骨密度は、繊維状のタンパク質の減少が原因だったのです。カルシウムは体内で生成することはできないので、外からとるしかありません。ですから補給はいつでもできるのです。問題はそれを受け止める土台が減少していることなのです。

20歳を境に減少する繊維タンパク質を増やすことができれば、骨密度は自然にあがっているのです。

ファイバープロテイン(繊維状たんぱく質またはコラーゲン)について詳しくお知りになりたい方は「運動機能年齢を決定するコラーゲン効果の完全ガイド!」をご覧下さい。

 

まとめ

骨密度(骨量)をあげるには

・ファイバープロテインを多く含むコラーゲンをとること!

・それと同時に、適度な運動で骨に圧力を加えること!

今だけ無料!骨を鍛えるファイバープロテイン!

骨の命は「ファイバープロテイン」です!

骨は網目状の繊維タンパク質が柱になって、丈夫な骨を築きます。建物に例えると鉄筋コンクリートの鉄筋の役割をしています。鉄筋が少ないと建物はもろく崩れてしまいますよね!

≪スポコラSPEED 3X≫は、骨に必要な3種のコラーゲンとコンドロイチン&グルコサミンを高配合したファイパープロテインです。

今だけ無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます


★ 今だけチャンス!人数限定につきお早めに! ★ 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*