マスクの常着は逆効果!免疫を低下させないマスク着用術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
免疫低下のマスク利用

マスクには効果がありません!

そもそもマスクをする目的は何ですか?

風邪予防ですか?喉の乾燥防止ですか?鼻づまりですか?細菌やウィルスからのディフェンスですか?

残念ですが、マスクをすることで全て逆効果になります!

マスクの効果!

一般的にマスクの効果は「有害物質の体内侵入をブロック」と「喉や鼻腔などの保湿と保温」が主な目的として使われます。

有害物質の体内侵入のブロック

マスクによってブロック効果は変わります。比較的サイズの大きい花粉や細菌などは、ブロックしやすいのですが、ウィルスなどの小さなものはマスクで防ぐことはできません。

例えば、今話題のPM2.5を95%以上遮断するマスク(N95)が販売されています。PM2.5のサイズは2.5μmで、ウィルス0.02~0.3μmです。どうやっても防げません!

 病因物質  サイズ(約)  関連する病気など
 人間の細胞  50.0μm  (参考)
 ハウスダスト・ダニ 500.0μm   アトピー性皮膚炎・鼻炎、喘息など
 スギ花粉 30.0μm   花粉症、アレルギー性鼻炎
 梅毒レポネーマ 10.0μm   梅毒
 PM2.5 2.5μm   気管支喘息、肺炎、心疾患など
 結核菌 2.0μm   結核、皮膚結核、結核疹
 風疹ウィルス 0.2μm   風疹
 インフルエンザウィルス 0.1μm   インフルエンザ
 ヘルペスウィルス 0.1μm   単純性疱疹(ヘルペス)など

喉や鼻腔などの保湿と保温

喉や鼻腔が乾燥したり、冷やされたりすることで、ウィルスが増殖しやすくなります。粘膜の粘着力も低下します。

それらを防止し、喉を守るためにマスクが利用されます。

しかしマスクを着用することで、それは逆効果だになっていたのです。

マスクの弊害!

マスク逆効果

マスクが逆効果だったなんて「信じられない!」と思っているのではないでしょうか?

マスクは花粉や細菌程度なら防げますが、それより小さいサイズの有害物質は防げないことは上記のとおりです。

なぜ喉や鼻が乾燥したり、冷えたりするのでしょうか?

それは口で呼吸するからです。鼻には、乾燥した空気を瞬時に湿度90%まで上げる加湿機能があります。また冷えた空気を体温まで上げる加熱機能もついています。

さらに細菌などの粘着機能は、鼻から吸うことで得られる効果です。

しかしマスクをすることで呼吸が苦しくなり、無意識に口呼吸になるのです。

免疫の低下!

免疫低下で風邪ぎみ

マスクをつけると口呼吸率が高くなります。そして細菌類が無防備な喉(扁桃腺)を攻撃し、免疫が低下することになります。

また冷気が肺に流れ込むため、体が冷えて更に免疫を低下させることになります。

ちなみに体温が1度下がると、免疫は3分の1以下に低下するといわれています。

マスク以上の効果を発揮する方法とは?

予防のためにしたいたマスクが、逆の効果になっていたなんて!

しかし簡単に期待以上の効果を得る方法があります。それが「鼻呼吸」です。

風邪のリスクを3分の1以下に低下させる鼻呼吸を、お金をかけずに改善する方法は「口呼吸を鼻呼吸に改善!誰でもできる3つの方法とは?」でご紹介しています。

免疫を低下させないマスク着用術!

マスクの着用の目的とポイントは次の3つです。

  • 咳やくしゃみの飛沫を防止する目的で使用する。
  • 人込みなど限定的に着用する。
  • マスク着用時においても「鼻呼吸」を行う。できない時はマスクを外す。

外国人が日本に来て驚くのは、街を歩く多くの人が「マスク」を着用していることだといいます。海外では重篤患者のみしかマスクを着用せず、健常者が予防のためにマスクをするという習慣がありません。かえって体調を崩すことを知っているのです。

まとめ

  • マスクは一定の効果しか望めない!
  • マスクをすることで逆効果が起きる!
  • マスクは「口呼吸」を助長する!
  • 鼻呼吸に改善することで、マスクに期待していた以上の効果が得られる!
【お役立ち記事のご案内!】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*