【手首の骨折】治療期間を短縮する5%しか知らない方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
手首の骨折の治療期間短縮

早い復帰は、治療期間を短くするのが大前提です!

治療期間が1日遅れると、完治が2~3日延びます。その間に頑張ってつけた筋肉が落ちてしまいます。

目指すは、治療期間を最低でも3割減にすること!

 

手首の骨折の治療期間

手首が完全骨折した場合の治療期間は、目安として癒合に1ヶ月、リハビリに2ヶ月、合計3ヶ月になります。しかし対策によっては、治療期間が長くなったり短くなったり大きく変わります。 

治療期間を変える5つの要件

①個人差による治療期間の違い

治療期間は個人差によって変わります。年齢や個体差、そのほかの要件によっては、すぐに2~3割の違いがでることがあります。 

②年齢による治療期間の違い

治療期間は年齢によって大きく影響します。年齢を重ねるごとに治療期間は長くなります。子供の場合は成人より2~3割早く治る傾向にあります。高齢化すると目安よりも長くなります。 

③リハビリ内容による治療期間の違い

治療期間はリハビリの内容や頻度によって変わります。リハビリを毎日行う人と、週に1~2度しかしない人では、治療期間に倍以上の違いがでます。 

④生活習慣による治療期間の違い

睡眠と外出がポイントです!手首を骨折した直後は、睡眠をしっかりとることが大切です。睡眠は成長ホルモンを促すため、治癒を早めることができます。

また外出で日光を浴びることで、体内でビタミンDを合成することができます。ビタミンDはカルシウムの吸収の必須成分です。 

⑤栄養状態による治療期間の違い

治癒力には「ホルモン」「修復成分」が大きく影響します。ホルモンも資質やタンパク質などの栄養成分から合成されます。つまり栄養成分の状態は、治療期間に大きな影響を与えているのです。 

国民の5%しか知らない骨の構成成分!

質問:骨は成分はなんですか?

95%の人は「カルシウム」と答えます。 

間違いですか?

確かに、骨の主成分はカルシウムです。しかしカルシウムは無機物で石灰とほぼ同じ成分です。それを支える土台が無くては、骨内に定着することができません。 

骨を構成する成分!

カルシウムが流出する骨

骨の骨!つまり骨の土台を作るのはタンパク質です。タンパク質がネット状になり、その隙間にカルシウムがはまり込む構造になっています。その割合は30~35%です。

残りの60%ほどがカルシウムです。そのほかリンやコンドロイチンなども関わってきます。 

骨タンパク質が減少すると?

骨タンパク質が減少すると、骨密度が低下します。カルシウムだけをとっても、骨になることはありません。「骨粗しょう症」や「骨軟化症」などはタンパク質の代謝不足の代表例です。 

治療期間を短縮する栄養成分とは

手首の治療期間を縮めるには、さまざまな要件が関わってきます。その中で見落とされがちなのが栄養成分です。特に骨タンパク質という成分です。 

骨タンパク質の正体は!

骨を作ったり回復を早めたりするには、タンパク質が必要なのはお分かりいただいたと思います。そのタンパク質の正体は「コラーゲンまたはファイバープロテイン」といわれる成分です。繊維状タンパク質の代名詞であるⅠ型コラーゲンが手首の骨折の治療期間を早めるキーマンなのです。 

効果的を上げるためのマル秘ノウハウ!

コラーゲンをとるには2つの方法があります。食事からとる方法とサプリメントからとる方法です。食事からとる方法は「骨折の治療期間を短縮し丈夫な骨を作る大特集!」でご紹介しています。 

コラーゲンを多く含む食材は、多くの脂質やコレステロールを含んでいますので、食べるときには注意が必要です。 コラーゲンの多い食材は「コラーゲンの多い食材一覧!」でご紹介しています。

コラーゲン効果を上げる複合成分

コラーゲンの代謝を高めるには、コラーゲンのほかにビタミンCなどの複合成分が必須になります。それらすべてを効率的にとるには、サプリメントの活用が有効的と思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*