チアシードの危険性を除去する3つのこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
チアシードの危険性を排除する!

ダイエット効果の高いチアシードにも、危険なマイナスがあるのをご存知ですか?

うっかり食べて下痢や頭痛、発熱やおう吐などを起こすこともあります。

その危険とは?また危険を排除することはできるのでしょうか?

カビが検出されるチアシードの危険性!

チアシードから「猛毒のアフラトキシンが検出された」と報道されたことがあります。これはアスパラギルス・フラパスというカビがつくる物質で、強い発ガン性があり危険性が指摘されています。

危険なカビの原因とは?

このカビ菌は土中に生息していて、何かのキッカケでチアシードに付いたと考えられます。しかしこれは特別のことではありません。どんな野菜や穀物にも菌はついています。問題は、なぜ外国産の危険を付けたまま販売されているかです。それには保管方法と、国内での殺菌の有無にあったのです。

カビの恐れがない安全なチアシードはあるの?

チアシードでも菌数をほぼゼロにしたものもあります。チアシードは南米で収穫したのち、そのまま袋詰めされて輸出されます。この間ほとんど殺菌させることはありません。

その危険性は、それを国内で殺菌しているか、殺菌していないか分けられます。

チアシード国内メーカーのご事情!

チアシードの多くが加工することなく、そのまま袋詰めされることがあります。

しかしそのまま袋詰めされたものでも、細菌検査はほとんどクリアーします。いわゆる基準値以下の許容範囲というものです。つまりこの段階では危険性がないということです。

それが保管状態によって、微量な細菌が増殖し始めるのです。ですから検査基準値以下でも、菌数が限りなく少ない方が危険が少ないといえます。

危険性を除去してチアシード効果を得る3つのこと!

チアシードの安全性

  1. 殺菌されているチアシードを選ぶ!
  2. 開封後は冷蔵保管する!
  3. 作り置きしない!

これらの方法で、危険性は一気に減少します。

殺菌されているチアシードを選ぶ!

国内で殺菌されたチアシードが販売されています。殺菌は高温のスチームに15秒ほど通すことで行います。チアシードは熱に弱く40℃で効果がなくなってしまいます。そのためスチームで表面だけを熱処理する必要があるのです。熱をかけ過ぎると危険性は減りますが、効果がなくなります。

チアシードのご購入については、殺菌方法をメーカーにお問い合わせください。

【PR】スチームで熱処理されたチアシードをご紹介します。

開封後は冷蔵保管する!

これはチアシードに限ったことではありませんが、穀物や粉もの系は水分を吸収しやすい特徴があります。ですから元々カビやすい性質があるのです。必ず冷蔵庫で保管して、乾燥と低温で生菌の繁殖を抑えることが大切です。

本来、保管状態が悪いと危険性が増えますから、絶対に口を開けたまま放置しないようにしましょう!

作り置きしない!

殺菌されたチアシードでも、作ってから3日以内にお食べ下さい。できればその日のうちに食べきることをおすすめします。殺菌されていないものは、絶対にその日のうちにお召し上がり下さい。日を過ぎて食べると危険性がアップすることになります。

自宅で殺菌する方法

それでもご心配の方は、熱湯と通すことで殺菌できます。チアシードをザルにあけ、熱湯を素早くかけてください。それで表面の生菌類の9割は死滅するはずです。

熱湯に浸けるとチアシード内部にも熱が伝わり効果が低下しますので、熱湯に素通しする程度にしましょう。

まとめ

  • チアシードは蒸気殺菌されたものを購入する
  • 開封後は冷蔵庫で乾燥低温保管する
  • 作ったものは日を置かず、その日のうちに食べきる
  • これが危険を排除する3つのポイントです!

 

関連記事

チアシードのダイエット作用を高める食べ方3つのコツ!
チアシード驚異のダイエット食!3つの効果とは?
チアシードに副作用があるって本当ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!身体機能を高めるファイバープロテイン

スポーツ機能をレベルアップ!今まで困難とされてきた骨や軟骨、じん帯や腱などの強化を栄養面からサポートするファイバープロテイン!

今なら無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます!


無料トライアルの特典をみる!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*