剥離骨折の症状を緩和して治療期間を早める特殊タンパク質!

剥離骨折の症状と治療

 瞬間的に起きる「剥離骨折!」

剥離骨折(はくりこっせつ)は、激痛をともなう骨折で、通常の骨折よりも治療期間が長いのが特徴です。また筋肉も一緒に剥がれるので、回復には長期戦が求められます。

それを少しでも早くしたい方は・・・

厄介な剥離骨折!

剥離骨折とは?

剥離骨折(裂離骨折)とは、瞬間的に筋肉が収縮することで、靭帯などが過度に引っ張られ、骨との付着部分が骨と一緒に引き裂かれる骨折をいいます。スポーツ中に起こりやすい骨折です。

ぶつかったり、転倒したりした時に起こりやすく、足首をひねったことでも剥離骨折になることがあります。また強い突き指で、手の指が剥離骨折を起こすこともあります。

剥離骨折の症状と痛み!

剥離骨折の主な症状は「腫れ」と「痛み」です。最初から激痛をともなうことが多く、消炎鎮痛薬を長く服用することになります。治療中は、ボルタレンやロキソニンなどの鎮痛消炎剤が使われます。

剥離骨折の治療期間は長い!

治療方法は「安静治療」と「外科手術治療」があります。どちらを選択するかは、ご本人と医師の判断になりますが、治療期間を短縮するために「外科手術治療」を選択することになります。

いずれの治療法でも、筋肉を動かせない期間が長いため、リハビリも長期化します。

安静治療とは?

痛みを我慢できる場合は、ギブスなどで固定して癒合するのを待つ治療です。治療期間が長いため、筋力は著しく低下します。癒合に3週間~8週間、さらにリハビリ期間が3ヵ月~6ヶ月かかります。

外科手術治療とは?

患部を切開して、剥離部分を金属などで固定する手術です。骨の癒着が早いため、筋肉の衰えは少なくて済みます。ただ切開部分が硬化するため、動きに違和感や柔軟性の低下がみられることがあります。

骨成分のファイバープロテイン

治療期間を短縮する特殊タンパク質とは?

リハビリ期間は、治療期間の3~4倍かかります。剥離骨折での筋肉の衰えは想像以上です。スポーツ選手にとって、治療期間を短縮したいのは当然ですよね!1日でも早い完治が大切です。

手術後、安静にしているだけでは回復が遅れます。そこでおすすめするのが、骨タンパク質や筋膜の主要成分である「繊維状タンパク質」別名「Ⅰ型コラーゲン」の摂取です。

お役立ち記事集

骨を鍛えるファイバープロテイン!今だけ無料!

骨の強さは「ファイバープロテイン」で決まります!
骨はファイバープロテイン(繊維タンパク質)に、カルシウムなどが結合し、弾力性のある強さにになります。

年齢とともに減少する3つのファイバー・プロテインであるⅠ型+Ⅱ型コラーゲン+Ⅲ型コラーゲン誘導体に、
コンドロイチン+グルコサミン、体内合成を高める補酵素を配合したゼリー状のスポーツサプリメントです!

コメント

「剥離骨折の症状を緩和して治療期間を早める特殊タンパク質!」に対する4件のコメント

  1. 記事を拝見して早速ご連絡致しました。
    今年80になる母が、遊び程度にテニスをしていて転び、大腿骨を剥離骨折したとのこと。
    まずは絶対安静といわれ入院しています。
    遠方なので、リハビリもなかなかサポートできないため、少しでも早く治るものを検索しておりましたらこちらにたどり着きました。
    高齢でも通常通り摂取して問題ございませんか?
    入院中の場合は医師との相談も必要かと思いますが、病院から処方されるなどの可能性はございますか?

    何卒よろしくお願い致します。

    1. 日本の医療機関では、欧米とは違いサプリメントが処方されることはありません。その背景には、医学生時代に全く栄養学等の教育を受けていないことがあげられます。そのため9割近くの医師からは、サプリメントにおける理解が得られないのが実情です。
      対象者としては、高齢でも全く問題ありません。できれば高齢者ほどとっていただきたい成分です。
      リハビリ前後、または就寝前2時間ぐらいが摂取の目安です。薬を摂取されている場合は、前後1時間ほど空けることをおすすめします。ビタミン類が薬の効果を低下させる疑いがあります。