筋肉痛はなぜ年齢によって痛みの発生時間が変わるのか?

筋肉痛の年齢差

若いときは運動した数時間後から翌日には、筋肉痛なっていたことを覚えていますか?

年齢によって筋肉痛の発生タイミングは変わるのですか?いや違います!

その違いは血管年齢によって変わるのです。

痛みの発生に時間差がある理由

筋肉痛 年齢差

人によって筋肉に痛みが発生する時間が違います。

数時間で筋肉痛を感じる人、数日経ってから感じる人がいます。年齢を重ねると筋肉痛になるのに時間がかかるなどといわれますが、それについての医学的な根拠はありませんが、現在の定説はこうです。

傷めた筋繊維には、痛みを感じるための神経がありません。筋肉痛が原因で炎症が広がり、それにより発生する刺激物質が筋膜に届くことで痛みを感じます。これが時間差になります。

年齢によって筋肉痛の発生時間は変わる?

痛みを感じるまでの時間に個人差や年齢差があるのは、毛細血管の発達が要因とされています。普段から筋肉をよく動かしている人は毛細血管がよく発達しているので筋肉に血液が集まる時間が短く、普段運動しない人は筋繊維に血液が集まるのに時間がかかり痛みを感じるまでに時間がかかるのです。

つまり年齢が高い人ほど筋肉を使っていない傾向があり、そのことが血管年齢が増えて、筋肉痛発生の時間差の原因になっています。筋肉痛の発生時間の違いは「血管年齢」だったのです。

年齢による筋肉痛の発生時間は変えられる!

しかし、普段から筋肉を使うことで、筋肉痛発生の時間は変わります。運動を習慣にすることで、血管の伸縮が日常的に行なわれるため、血管年齢を若く保つことができるのです。

反対にいえば、筋肉痛が翌日に出る人の血管は若いともいえます。

筋肉痛を早く治すスーパー対処法!

関連記事

効果的な筋肉痛の治し方7つの対策!
筋肉痛7つの予防法と3つの重要ポイント!
筋肉痛を10分の1に激減するストレッチ5つのポイント!
筋肉痛がつくる超回復効果をさらに高める2つの要素!

筋膜成分!筋膜リリースをサポート!

筋膜の状態は、ケガやパフォーマンスに大きな影響を与えます!その筋膜を構成するファイバープロテインは、高い柔軟性と強靭性のもとになります。
★--------------------
ファイバープロテイン(Ⅰ型コラーゲン+Ⅱ型コラーゲン+Ⅲ型コラーゲン誘導体)に、コンドロイチンとグルコサミン、さらに体内合成を高める補酵素などを配合したゼリー状のスポーツサプリメントの無料お試し☟☟☟

この記事に関するキーワード

コメント

「筋肉痛はなぜ年齢によって痛みの発生時間が変わるのか?」に対する2件のコメント