TFCC損傷による手首の痛みの治療法!

TFCC損傷

野球、ゴルフ、テニス、バトミントンなど、手首のスナップを激しく使うスポーツに多いのがTFCC損傷です。発症すると、数週間にわたり競技ができなくなります。もしも違和感があれば、早めの対処が大切です。 

TFCC損傷とは?

TFCCとは、手首の小指側くるぶし付近の「三角繊維軟骨複合体」のことです。「関節円板や半月板類(軟骨)」と「尺骨(シャッコツ)三角靭帯」「尺骨月状骨靭帯」「掌側橈骨(トウコツ)靭帯」「背側橈骨靭帯」の4つの靭帯が集まったところの総称です。そのTFCC部分の腱炎および腱鞘炎のことをTFCC損傷といいます。

TFCC損傷の原因と症状!

TFCC損傷は、野球のバット、ゴルフクラブ、テニスラケットなどの手首を激しく使うスポーツに多いスポーツ障害です。転んで手をついたり、加齢による組織変形などが原因になることもあります。 

TFCC損傷の症状は、小指側の手首に痛みがでます。内側外側ともに手首を捻るときに、強い痛みを感じます。また物が挟まったような感じや、急性の場合には腫れや熱をもつこともあります。 

TFCC損傷の治療法と治療期間!

TFCC損傷の主な治療法は、完全固定による自然回復です。アイシングなどで腫れや痛みをとった後、サポーターなどで固定します。サポーターの固定だけで痛み引かないときはギブスで固定します。

軽度の場合は、3週間ほどで回復します。3週間を過ぎたあたりから、テーピングなどに替えて、TFCC以外の可動を少しずつ増やしていきます。

 長期間痛みが引かない場合

それでも痛みが起こる場合は、消炎鎮痛剤を注射します。それでも改善しないときは、手術によりTFCCの除去が検討されることもあります。一旦痛みが治まっても、治っているわけではないので、TFCCに負担のかかる可動は控えてください。それ以外の部分は少しずつ動かしていきましょう。 

TFCC損傷の予防に向けての3つのポイント!

手首のケアを意識することで、ある程度はTFCCを防ぐことができます。発症すると運動制限が長引くので、早めのケアが大事です。 

①運動中のケア

症状がでる前に、手首を休ませてください。過去2週間で動かした回数までは許容範囲です。それを超えるときは適度にクールダウンしてください。早めに手首を休ませることで回復力が高まります。 

②違和感のケア

違和感などの軽い症状が出たら、即可動を中止してアイシングとテーピングをしてください。運動中はついつい無理をしがちですが、無理すると一気に悪化し治療期間も長くなります。

③栄養でリカバリー

損傷した部分を修復するのは栄養成分です。また腱や関節の潤滑油も栄養からできています。つまりTFCC損傷を緩和する栄養をとることで、リスクを軽減することができるのです。

詳しくは「腱鞘炎の予防と回復をサポートする栄養療法!」にてご紹介しています。

骨を鍛えるファイバープロテイン!今だけ無料!

骨の強さは「ファイバープロテイン」で決まります!
骨はファイバープロテイン(繊維タンパク質)に、カルシウムなどが結合し、弾力性のある強さにになります。

年齢とともに減少する3つのファイバー・プロテインであるⅠ型+Ⅱ型コラーゲン+Ⅲ型コラーゲン誘導体に、
コンドロイチン+グルコサミン、体内合成を高める補酵素を配合したゼリー状のスポーツサプリメントです!

この記事に関するキーワード

コメント

「TFCC損傷による手首の痛みの治療法!」に対する1件のコメント