指の腱鞘炎対策の筋膜リリース

指の痛みの筋膜リリース

 

指が痛む原因は様々です。中でも多い原因の1つが「ばね指」という指の腱鞘炎です。指に負担の多いスポーツや仕事をされる方は、こまめに指の筋膜リリースを行うことで、リスクが低下します。

血流を悪化させるトリガーポイント

指は体の中で最も可動する部位で、筋膜のゆがみや硬縮が起こりやすい特徴があります。それが「ばね指」などの指の痛みにつながることがあります。特に40代や50代の女性に多くみられる障害です。

テニスやバレーボール、野球やバスケットボールなどのスポーツでも、指の痛みや腱鞘炎が多く報告されています。それらは、関節の可動域制限や血流悪化を引き起こすため、早めの対処が大切です。

指の筋膜リリース

指の筋膜群

ポイントは、手の甲側が指の間にある「背側骨間筋」、手のひら側が母指球のふくらみ部分の「母指内転筋」です。

そこに軽い痛みがある部分がトリガーポイントです。そこを中心にリリースしていきます。押す圧力が強すぎたり、やりすぎたりすると、筋膜を損傷する恐れがあるので、適度な圧力で1ヶ所10秒を目安に行ってください。

 背側骨間筋

指の筋膜リリース1

片方の手のひらを机につきます。指の骨と骨の間にある背側骨間筋に、反対側の指腹を使い軽く押していきます。

指の間の4ヶ所すべてを、各10秒ずつ押します。反対側も同様に行ってください。

母指内転筋

指の筋膜リリース2

机の前に立ち、片手を机上につきます。親指のつけ根の下(母指内転筋部分)に、テニスボールをセットし、体重をかけていきます。

ボールをゆっくりと転がしながら、手のひら全体の筋膜をリリースしていきます。反対側も同様に行います。

運動機能のレベルアップ!

関連記事

【筋膜リリース効果アップ】筋膜の弾力性と粘弾性成分

筋膜リリースは「筋肉の可動」や「筋肉の疲労回復」をスムーズにします。筋膜リリースの効果を高めるには『筋膜成分』の存在が欠かせません。

筋肉損傷は筋膜の「柔軟性」や「水分量」の低下が影響します。4つのファイバー(線維)プロテインがオーバーワークや年齢による筋膜の機能低下をサポート!

コメント

「指の腱鞘炎対策の筋膜リリース」に対する1件のコメント