指の痛みを解消・指の腱鞘炎を予防する筋膜リリース法!

指の痛みの筋膜リリース

指が痛む原因には、様々なものがあります。その中でもっとも多いのが、「ばね指」といわれる指の腱鞘炎です。

そのリスクを高めるのが、指筋膜のゆがみです。ここでは、筋膜障害による指の痛みを解消法をお伝えします。

(背側骨間筋・母指内転筋)

血流を悪化させるトリガーポイント

指は体の中で最も可動する器官のため、筋膜の硬縮も起こりやすくなります。それが指の腱鞘炎や痛みの原因につながることがあります。特に40代や50代の女性に多くみられる障害です。

テニスやゴルフ、野球などのスポーツでも、指の痛みや腱鞘炎が多く報告されています。それらの障害のトリガーポイントは、関節の可動域低下や血流悪化も引き起こすため、早めの対処が大切です。

指の筋膜リリース

指の筋膜群

ポイントは、手の甲側が指の間にある「背側骨間筋」、手のひら側が母指球のふくらみ部分の「母指内転筋」です。

そこに軽い痛みがある部分がトリガーポイントです。そこを中心にリリースしていきます。押す圧力が強すぎたり、やりすぎたりすると、筋膜を損傷する恐れがあるので、適度な圧力で1ヶ所10秒を目安に行ってください。

 背側骨間筋

指の筋膜リリース1

片方の手のひらを机につきます。指の骨と骨の間にある背側骨間筋に、反対側の指腹を使い軽く押していきます。

指の間の4ヶ所すべてを、各10秒ずつ押します。反対側も同様に行ってください。

母指内転筋

指の筋膜リリース2

机の前に立ち、片手を机上につきます。親指のつけ根の下(母指内転筋部分)に、テニスボールをセットし、体重をかけていきます。

ボールをゆっくりと転がしながら、手のひら全体の筋膜をリリースしていきます。反対側も同様に行います。

関連記事

筋膜成分!筋膜リリースをサポート!

筋膜の状態は、ケガやパフォーマンスに大きな影響を与えます!その筋膜を構成するファイバープロテインは、高い柔軟性と強靭性のもとになります。
★--------------------
ファイバープロテイン(Ⅰ型コラーゲン+Ⅱ型コラーゲン+Ⅲ型コラーゲン誘導体)に、コンドロイチンとグルコサミン、さらに体内合成を高める補酵素などを配合したゼリー状のスポーツサプリメントの無料お試し☟☟☟