痛みやコリの解消に効果がある筋膜リリース【まとめ】

痛みとコリ

腰痛、頭痛、肩こりなどの原因として、筋膜のゆがみや硬縮が注目されています。筋膜の異常を放置すると、可動域の低下、筋肉損傷や関節トラブル、体調不良などの原因になります。

筋膜のゆがみが長期間続くほど解消しづらくなる「不可逆性」があるため、普段からリリースを習慣にすることが大切です。
1日たったの5分でできる筋膜リリース法をご紹介します。

筋膜や筋膜による影響を詳しくお知りになりたい方は「筋膜とは?筋膜リリースとは?」をご覧ください。

痛みやコリ3つの原因!

筋肉組織の膜

痛みやコリには、様々な原因が考えられます。その中でも近年注目されているのが、筋膜にゆがみや硬縮などです。

筋肉の筋線維一本から筋束まで、それぞれストッキングのような筋膜によって包まれています。その筋膜にゆがみや癒着、硬縮や損傷が生じる主な原因が3つあります。

筋肉の酷使!

筋肉の酷使とは、運動による筋肉の使い過ぎや、同じ姿勢を続けることでの、筋肉が長時間にわたり緊張することです。筋肉は収縮をするたびに、筋膜に細かい傷をつくります。筋肉の酷使で筋肉痛を想像される方もいるでしょうが、筋膜も傷ついているのです。ストッキングが伝線したり、摩擦でヨリができたりする状態に似ています。

通常であれば、数時間から数日で修復されるのですが、許容を超えた酷使か続くことで、筋膜修復が追いつかず慢性化するものと考えられます。

運動不足

筋膜のゆがみは、筋肉の酷使だけではなく、筋肉を使わないことでも起こります。コラーゲン線維である筋膜は、ある程度ストレッチを繰り返すことで柔軟性を維持しています。また運動不足で筋収縮があまり行われないと、毛細血管の血流が悪くなり「虚血」状態になります。つまり筋膜や末端細胞に酸素や栄養がとどかない状態になることで、回復そ遅らせ痛みを増幅すると思われます。

代謝サイクルの遅れ

筋肉を酷使しても運動不足であっても、若いころにはあまり実感がなかったと思います。年齢を重ねるほど、コリや痛み、さらには回復力に違いがでてきます。それは筋膜素材の性質によるのです。

筋膜はⅠ型コラーゲンやエラスチンなどの線維で構成されています。このファイバープロテイン群の体内合成は、10代後半~20代半ばでピークを迎え、その後コラーゲン代謝を減少させていきます。

それにより柔軟性や血行が低下して、筋膜のゆがみ、癒着、硬縮などが起こりやすくなります。

筋膜の異常で起こること!

筋膜は、筋肉のほかにも神経や血管、内臓なども包んでいます。筋膜のゆがみや硬縮は、神経や血管を圧迫して「虚血」「疼痛」、さらには自律神経を乱れさせます。その結果、血管や神経に関わる様々な症状の原因になることがあります。

筋膜成分ーファイバープロテイン

痛みやコリに効くプログラム

筋膜は全身つながっているため、痛みやコリの解消には、そこにつながる複数の筋膜をリリースが必要があります。そのリリースポイントは、人によって異なることが多いので、ご自分で確認しましょう。

注意すること!

筋膜が炎症や損傷を起こしている時に、筋膜リリースを行うと、悪化する恐れがあります。けっして無理をせず、痛みがキツイようなら、すぐに筋膜リリースをやめてください。炎症や痛みが和らぐまで再開しないようにしてください。

筋膜成分!筋膜リリースをサポート!

筋膜の状態は、ケガやパフォーマンスに大きな影響を与えます!その筋膜を構成するファイバープロテインは、高い柔軟性と強靭性のもとになります。
★--------------------
ファイバープロテイン(Ⅰ型コラーゲン+Ⅱ型コラーゲン+Ⅲ型コラーゲン誘導体)に、コンドロイチンとグルコサミン、さらに体内合成を高める補酵素などを配合したゼリー状のスポーツサプリメントの無料お試し☟☟☟

コメント

「痛みやコリの解消に効果がある筋膜リリース【まとめ】」に対する7件のコメント