腰痛の症状 Q&Aから原因を特定する!

腰痛の症状Q&A

腰痛にはさまざまな原因があり、その違いにより症状が異なります。代表的な腰痛原因である筋肉の疲労や障害、骨や軟骨の障害、病気やストレス障害、神経障害をともなうか否かで、治療方法や予防法が変わります。間違った治療法は、治療期間の長期化や症状の悪化につながる恐れがあります。先ずは腰痛の原因を症状から特定しましょう!

腰痛の症状 Q&A

①急に腰痛になったのか?数ヶ月続いている痛みなのか?

急激に激しい痛みに襲われたり、急に腰が抜ける状態になった場合は「急性の腰痛症」にあたります。また重い物を持ったり、激しい運動をしたりしたときの腰痛も急性になります。

3ヶ月以上、腰痛が継続している場合は「慢性の腰痛症」に分類され、治療方法の見直しや生活習慣の改善が求められます。また全く改善がみられない場合は、病気など別の原因が考えられます。

  • 急性腰痛・・・筋肉の異常による腰痛、
  • 慢性腰痛・・・筋肉疲労の蓄積、骨や軟骨の変形、姿勢・歩き方・足り方などの動作など

*慢性腰痛で全く改善しない場合は、内臓疾患、神経障害、精神的障害の疑いもあります。

②安静時も痛むのか?痛まないのか?

安静時には痛まず、ある特定の動作をしたときに痛む場合は、「筋肉の障害」または「骨・軟骨の障害」が主な原因です。安静時や就寝中にも同じ痛みがある場合は、別の原因が考えられます。

  • 安静時は痛みがない・・・筋肉疲労の蓄積、骨や軟骨の変形、姿勢・歩き方・足り方などの動作など
  • 安静時も痛みがある・・・内臓疾患、神経障害、精神的ストレス障害など

③激しい痛みか?ジワッとする痛みか?

筋肉障害などの急性腰痛症では、激しい痛みが起こることがあります。1週間ほどしても痛みが和らがない場合は、別の骨・軟骨障害や内臓疾患、神経障害などをともなっていることが想定されます。

またジワッとした痛みは、慢性腰痛症や精神的ストレス障害、または病気のシグナルの場合もあるので、原因の特定が大切になります。

  • 激しい痛み・・・筋肉の障害、骨・軟骨の障害、神経障害など
  • ジワッとした痛み・・・慢性腰痛症、内臓疾患、神経障害、精神的ストレス障害など

④特定の場所、特定の動作で痛むのか?

「筋肉の障害」、「骨・軟骨の障害」、「神経の障害」の場合は、同じ動作をしたときに同じ場所がピンポイントで痛みます。内臓疾患では同じ場所がジワッと痛む傾向があります。一方、心因性腰痛症やストレス腰痛症の場合は、痛みの深度や場所、痛み方が変わったりします。

⑤お尻や脚にしびれや麻痺はあるのか?

しびれや麻痺がある場合は、神経障害が絡んでいます。多くは「骨・軟骨の障害による腰痛」と考えられます。稀に心因性の腰痛や内臓疾患でも起こることがあります。

⑥熱や吐き気、頭痛などの別の症状があるのか?

風邪や体調不良などの明らかな原因がなく、熱や吐き気、頭痛や腹痛などをともなう腰痛の場合は、「内臓疾患(病気)」が疑われます。内科または総合診療などを受診してみてください。

具体的な腰痛の症状を確認する!

腰痛を症状を質問

ここでは腰痛の原因ごとに、症状の特徴を一覧しました。

腰痛は原因によって診療科が異なります。多くの医師は、他の診療科のことが分からため、そのことを理解して受診や治療をする必要があります。

「特に異常なし」と診断された場合の対策も示しました。

骨・筋肉障害による腰痛の症状

■症状の特徴

  • 急に痛みが起こった、または少しの痛みはあったが、急激に悪化した
  • 特定の動作をしたときに痛む(腰をある一定方向に曲げる、反らすなど)
  • 安静時や就寝中は、痛みがあまり起こらない
  • ある部分を指で押すと、激しい痛みがある
  • 長い時間歩くと痛みが発生する、膝が痛くなることもある

■対応方法

  • 骨や軟骨に異常があると診断された場合は、整形外科での治療になります。
  • 「特に異常がない」と診断された場合は、
  • 急性腰痛の多くはコレ!「筋・筋膜性腰痛症」を改善する3つのポイント!
  • 腰痛の治療方法!異常がないと診断された時の3つの対策
  • 腰痛を治す歩き方!腰痛を悪化させる歩き方!

神経障害による腰痛の症状

■症状の特徴

  • 皮膚の表面近くがチクチク、ヒリヒリ痛む
  • 針で刺したように鋭く痛む
  • アリが這うような感覚や違和感がある
  • 検査をしても異常が発見されない
  • 薬や治療に効果があまりなく慢性化している
  • 痛み方や痛む場所が変わる
  • 対応方法

*骨や軟骨に異常がある場合は、整形外科での治療になります。骨や軟骨に異常がない場合は「骨や筋肉障害による腰痛の症状」の対応方法をご参考に!

内臓の疾患による腰痛の症状

■症状の特徴

  • 発熱や湿疹、下痢などをともなっている
  • お腹にハリ、胸やけ、吐き気、胃もたれがある
  • むくみ、黄だん、しこりがある
  • お腹やわき腹を押すと痛みや違和感がある
  • 疲れやすさやだるさがある
  • 腰の痛みだけでなく背中も痛い
  • 血便や痔のような症状がある
  • 高血圧や高血糖、高脂血症がある
  • 激しい腹痛をともなう
  • 生理不順や生理中の出血が多い、おりものが増えた
  • 頭痛、冷え、めまい、貧血、のぼせが悪化した

■対応方法

まずは内科や総合診療を受診ください。

精神的ストレスによる腰痛の症状

■症状の特徴

  • 検査しても異常が発見されない
  • 薬や治療があまり効かない
  • 痛み方や痛む場所が日によって異なる
  • 動作に関係なく痛む
  • 慢性化している
  • 嫌なことを始めると痛みだす

■対処方法

内科や心療内科が担当になります。

戻る>>>「腰痛の5つの原因とは?あなたの痛みの元凶を特定!」

今だけ無料!柔軟性を鍛えるファイバープロテイン!

柔軟性はケガを予防して、運動機能をアップさせます!

身体の中で柔軟性を支えている「ファイバープロテイン」は、コラーゲンをはじめ、複数の繊維状タンパク質の質と量によって働きが変わります。
今なら無料でお試し!(期間・数量限定!)

この記事に関するキーワード

コメント

「腰痛の症状 Q&Aから原因を特定する!」に対する1件のコメント