剥離骨折の症状を緩和して治療期間を早める特殊タンパク質!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
剥離骨折の症状と治療

 瞬間的に起きる「剥離骨折!」

剥離骨折(はくりこっせつ)は、激痛をともなう骨折で、通常の骨折よりも治療期間が長いのが特徴です。また筋肉も一緒に剥がれるので、回復には長期戦が求められます。

それを少しでも早くしたい方は・・・

 

厄介な剥離骨折!

剥離骨折とは?

剥離骨折(裂離骨折)とは、瞬間的に筋肉が収縮することで、靭帯などが過度に引っ張られ、骨との付着部分が骨と一緒に引き裂かれる骨折をいいます。スポーツ中に起こりやすい骨折です。

ぶつかったり、転倒したりした時に起こりやすく、足首をひねったことでも剥離骨折になることがあります。また強い突き指で、手の指が剥離骨折を起こすこともあります。

剥離骨折の症状と痛み!

剥離骨折の主な症状は「腫れ」と「痛み」です。最初から激痛をともなうことが多く、消炎鎮痛薬を長く服用することになります。治療中は、ボルタレンやロキソニンなどの鎮痛消炎剤が使われます。

剥離骨折の治療期間は長い!

治療方法は「安静治療」と「外科手術治療」があります。どちらを選択するかは、ご本人と医師の判断になりますが、治療期間を短縮するために「外科手術治療」を選択することになります。

いずれの治療法でも、筋肉を動かせない期間が長いため、リハビリも長期化します。

安静治療とは?

痛みを我慢できる場合は、ギブスなどで固定して癒合するのを待つ治療です。治療期間が長いため、筋力は著しく低下します。癒合に3週間~8週間、さらにリハビリ期間が3ヵ月~6ヶ月かかります。

外科手術治療とは?

患部を切開して、剥離部分を金属などで固定する手術です。骨の癒着が早いため、筋肉の衰えは少なくて済みます。ただ切開部分が硬化するため、動きに違和感や柔軟性の低下がみられることがあります。

治療期間を短縮する特殊タンパク質とは?

リハビリ期間は、治療期間の3~4倍かかります。剥離骨折での筋肉の衰えは想像以上です。スポーツ選手にとって、治療期間を短縮したいのは当然ですよね!1日でも早い完治が大切です。

手術後、安静にしているだけでは回復が遅れます。そこでおすすめするのが、骨タンパク質や筋膜の主要成分である「繊維状タンパク質」別名「Ⅰ型コラーゲン」の摂取です。

<お役立ち記事集>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!骨を鍛えるファイバープロテイン!

骨の命は「ファイバープロテイン」です!

骨は網目状の繊維タンパク質が柱になって、丈夫な骨を築きます。建物に例えると鉄筋コンクリートの鉄筋の役割をしています。鉄筋が少ないと建物はもろく崩れてしまいますよね!

≪スポコラSPEED 3X≫は、骨に必要な3種のコラーゲンとコンドロイチン&グルコサミンを高配合したファイパープロテインです。

今だけ無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます


★ 今だけチャンス!人数限定につきお早めに! ★ 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*