腱鞘炎の治療でやってはいけない3つのこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
腱鞘炎の治療でやってはいけない3つ

あなたの腱鞘炎の治療法は正しいですか?
腱鞘炎を早く治すハズが、反対のことをやりがちです! 

間違った治療法によって、腱鞘炎の治療を長引かせたり、慢性化させたり、悪化させたりすることがあります。

 

腱鞘炎の治療でやってはいけない3つのこと!

①動かすこと!

-1、動かすと悪い治療!

腱鞘炎を起こしている部分は、絶対動かしてはいけません!炎症や痛みが激しくなったり、炎症部分が拡散することになり、治療期間が延びることになります。サポーターなどでしっかり固定しましょう。

固定期間は「【腱鞘炎の治し方】7つの療法と3つのポイント!」でご紹介しています。

-2、動かすと良い治療!

痛みがなくなってきたら、ゆっくりと動かすことで腱鞘炎の治りが早まります。血行が良くなると、修復成分の酸素や栄養が届きやすくなります。少しでも痛みがあるようなら、すぐに中止してください。

また患部周辺は、ギブス等で固定していても、痛みがない範囲でゆっくり動かしたほうが効果的です。

②冷やすこと!

-1、冷やして良い治療!

腱鞘炎を起こしたときにアイシングをしますよね!これは熱や炎症を抑える目的で行いますが、熱や炎症は自然治癒を促進する症状でもあります。アイシングは腱鞘炎を起こしてから24~48時間以内です。

-2、冷やして悪い治療!

アイシングは炎症の熱を奪い、血管を収縮させ血流を低下させます。それにより痛み物質の発生や拡散、発熱を抑えます。しかし修復物資である酸素や栄養も届かなくなります。タイミングが大事です。

抗炎症剤や鎮痛解熱剤なども自然治癒力を阻害しますので、長期の服用は治療期間が長くなります。

③栄養不足にすること!

腱鞘炎の治療は保存療法が基本です。保存療法とは「自然治癒力」に頼る治療法です。その治癒力は、ホルモンや免疫系の活性、修復物質であるファイバープロテインなどのタンパク質やアミノ酸、ビタミンやミネラルなどが必要です。特に腱鞘炎が激しい場合、通常の3~5倍の修復物質が消費されます。

ちなみにホルモンや免疫も、栄養を原料に作られますので、バランスの取れた栄養摂取が大切です。

まとめ

腱鞘炎を悪化・慢性化させる原因は、「動かす」「冷やす」「栄養不足」の3つです。しかし「動かす」と「冷やす」は腱鞘炎の治癒を早める治療法でもあります。その効果&逆効果のポイントは?

腱鞘炎治療の適切なタイミングにありました。さらに多くの方が見落としているポイントが、腱鞘炎を早期に回復させる栄養補給です。腱鞘炎の治療でもっとも大切なのが、自然治癒力を高めることです。

<腱鞘炎の関連記事>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!関節を鍛えるファイバープロテイン!

どうすれば「関節」を丈夫にできますか?

栄養からできている関節の主要成分は、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型コラーゲン、コンドロイチン、グルコサミンです。これらが全て配合された ≪ スポコラSPEED 3X ≫ は、あなたの快適なスポーツライフに貢献します。

業界初!のトリプルコラーゲンが、今だけ無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます


★ 今だけチャンス!人数限定 ★

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*