コラーゲンを食べても効果がない!?

食べる

「コラーゲンは食べても飲んでも効果がない!」といわれる医療関係者がいます。しかしそれは間違った知識です。

確かに日本国内においては「コラーゲンは食べても飲んでも効果がない」と伝えていた時期がありました。

しかし20年ほど前から、欧米などにおける研究によって、コラーゲンの機能性が明らかになってきました。

研究者達によって機能性が明らかに

昔は、コラーゲンが完全なる必須アミノ酸を含んでいないため、低レベルの蛋白質とされてきました。しかし近年の研究によって、コラーゲンは非常に高い機能性をもっていることが分かってきました。

コラーゲンは、体内で細胞同士を結合させたり、筋膜を構成したり、身体のカタチを構成・維持しています。骨や軟骨の土台を築き、眼球や靭帯、腱や血管など、健康と運動機能に深く関わる成分です。

コラーゲンはコラーゲンになる!

コラーゲンの摂取して、自分のコラーゲンの産生できるポイントは「ペプチド」にあります。コラーゲン特異のアミノ酸とペプチドによる吸収が、コラーゲンを食べて体内でコラーゲンになる根拠です。

「コラーゲンの摂取してもコラーゲンになるとは限らない?」で詳しく説明しています。

もしも未だに「効果がない!」といわれる医療関係者がいるようであれば、是非とも新しい情報に更新していただきたいものです。現在コラーゲン研究は医療分野にも広がり、サプリメントだけではなく、人工皮膚、人口骨などにも応用されています。

関連記事

コラーゲンに関する文献の一部

  • 「老けない体は骨で決まる」杏林予防医学研究所所長 米国公益法人ライフサイエンスアカデミー理事長山田豊文/青春新書
  • 「若返り13の法則—動脈硬化はコラーゲン不足だった」石井光医学博士/万葉舎
  • 「血管が若返れば健康寿命はのびる」石井光医学博士/幻冬舎
  • 「コラーゲン完全バイブル」城西大学真野博教授/幻冬舎
  • 「コラーゲンの製造と応用展開」谷原正夫監修/シーエムシー出版
  • 「コラーゲン物語」東京農工大学藤本大三郎名誉教授・理学博士/科学のとびら・東京科学同人
  • 「コラーゲンと美容・健康を語る」東京農工大学白井邦郎名誉教授/樹芸書房
  • 「コラーゲン料理研究法」薬学博士西北林学院高橋周七名誉教授/同文書院
  • 「歯は抜かないで治す!コラーゲン再生による骨再生医療」野口道生野口歯科医院院長/現代書林
  • 「コラーゲンの特性を活かした新たな人工骨設計」地方独)東京都立産業技術研究センターライフサイエンスグループ柚木俊二、
  • 「魚鱗由来高密度コラーゲン—ハイドロキシアパタイト複合体を用いた人工骨の開発」北海道大学大学院医学研究科杉浦弘明 近藤英司 安田和則
  • 「軟骨再生」横浜市立大学大学院医学研究科臓器再生医学谷口英樹、同神奈川県立こども医療センター 小林眞司
  • 「医療デバイス—人工骨—の現状と展望」クラレメディカル新事業推進部 桑山知也
  • 「コラーゲンの基本構造」東京工業大学大学院理工学研究科材料工学専攻生駒俊之ならびに独立行政法人物質・材料研究機構ナノ計測センター竹口雅樹
  • 「分子生物学的魚鱗のコラーゲンの特徴」北海道大学大学院水産化学研究院海洋応用生命科学科専攻都木靖彰
  • 「魚の「うろこ」そして目と骨と一生物進化からみたコラーゲンの材料科学」東京工業大学大学院理工学研究科材料工学専攻田中順三
  • 「コラーゲンを用いた細胞培養と培養基材」独立行政法人産業技術総合研究所ナノテクノロジー研究部門今泉由美恵 植村寿公
  • 「うろこコラーゲンに固有な緻密化技術および高強度人工骨の開発:早期の骨再生」東京工業大学大学院理工学研究科材料工学専攻ならびに北海道大学大学院医学研究科
  • 「スカールコラーゲンの単回経口投与における急性毒性試験、皮膚刺激性試験、眼粘膜刺激性試験、溶解性試験」明治大学歯学部歯科薬理学講座
  • 「スカールコラーゲン活性試験結果報告書」岡山理科大学 理学部基礎理学科 生物化学研究室/浜田博喜教授
  • 「食品機能性の科学」産業技術サービスセンター
  • 「コラーゲン・グルコサミン混合液の摂取によるヒト関節マーカーの改善」筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻、日本ハム株式会社 中央研究所 清水宗茂ほか
  • 「骨、関節軟骨の老化とコラーゲン」東京慈恵会医科大学整形外科/藤井克之 梶原敏英 室田景久
  • 「天然素材コラーゲンの機能性」財団法人日本皮革研究所 小山洋一
  • 「魚うろこコラーゲンの特徴とその応用」東京工業大学 理工学研究科 多賀谷基博 田中順三
  • 「配向性エラスチンマイクロファイバーの製造と応用に関する研究」三重大学大学院工学研究科生体材料化学研究室 准教授 宮本敬一

今だけ無料!パフォーマンス向上の必需品!

スポーツ機能やパフォーマンスを支える筋膜、靭帯、腱、骨、関節、血管などは、鍛えることが困難とされてきました。その部位を栄養面から強力にサポート!

「怪我をしない」で「運動能力を高めたい」方は必見! 今すぐ無料でトライアル!期間限定、早い者勝ち!

この記事に関するキーワード

コメント

「コラーゲンを食べても効果がない!?」に対する3件のコメント