軟骨傷害「骨端症」と「離断性骨軟骨炎」の治療と予防

軟骨は骨と比べて再生力が低いため、一度損傷を受けると治りづらい組織です。軟骨は衝撃を吸収するだけではなく、骨同士がぶつかるのを防ぐ役割があります。その軟骨が損傷してさまざまな障害を起こすのが軟骨損傷(軟骨の障害)です。ここではスポーツにおける軟骨損傷として「骨端症」と「離断性骨軟骨症」を取り上げます。

子供と高齢者に多い軟骨損傷

軟骨損傷は年齢を問わず発生しますが、特に成長期にある子どもたちの発症が多く報告されています。成長期にある子供の軟骨(成長軟骨)は、強度や耐久性が低いため、筋肉の牽引力に耐えきれず、剥離や遊離を起こしやすく「骨端症(こつたんしょう)」といわれます。

また高齢者も軟骨損傷が多く報告されています。その理由は、筋力不足による衝撃吸収力の低下、アンバランスな姿勢や長年の癖による不自然な軟骨同士の接触、軟骨再生力の低下があげられます。

【骨端症】成長期に多い軟骨損傷

骨端症(こつたんしょう)とは?

骨端症は、成長期にみられる成長軟骨の障害で、骨端部が血行不良により壊死(えし)する病気の総称です。成長期は軟骨再生力が高いので、時間とともに自然に治癒することがあります。しかし適切な処置を怠ると、症状が悪化し後遺症が残ることもあります。

骨端症の症状

壊死により、痛み、炎症、水腫、腫れ、関節の稼動域の制限などが起こります。また患部は、年齢によってある程度異なります。

  • 小学生低学年~高学年・・・かかとの骨端症が多い
  • 小学生高学年~中学生・・・ひざの骨端症が多い
  • 中学生~高校生・・・・・・腰の骨端症が多い

骨端症の原因

もっとも多い原因は「使い過ぎ」です。成長期の子供に多いのは、軟骨強度が低い成長軟骨が、激しい運動によって大きな圧迫を受けたり、大きな筋力で引っ張られたりすることで起こります。

長管骨(腕や脚の長い骨)の骨端には、運動によって大きな力がかかります。それにより血行不良が起こり、骨端症を発症します。この原因による骨端症は、股関節(大腿骨頭)や足の甲に多く起こります。

また筋肉の牽引力によって起こる骨端症は、大腿四頭筋や下肢三等筋などの大きな筋肉につながっている膝やかかとで多く発症します。

骨端症は、発症する部位によって病名が変わります。

  • かかとの骨端症「シーバー病(セーバー病)」「踵骨骨端炎」
  • 足の甲の骨端症「第一ケーラー病」
  • 足裏の指付根の骨端症「第二ケーラー病」「フライバーグ病」
  • 膝関節の骨端症「オスグット病」
  • 股関節の骨端症「ペルテス病」
  • 肘関節の骨端症「ペンナー病」

骨端症の治療法

運動のし過ぎによる骨端症の治療法は、安静にすることが主な対処法になります。しかし軟骨損傷が、ほかの障害を引き起こしていることがあるので、まずはレントゲンやMRIによる検査が必要です。

一般的な対処法としては、運動を制限しつつ、インソールなどで軟骨への負荷を軽減します。痛みや炎症が強い場合は、内服薬やブロック注射による処置をします。水が溜まる水腫があるときは、水を抜く処置を行います。自然になくなることもありますが、放置すると悪化する恐れがあるので要注意です。

また重度の損傷や後遺症が疑われる場合は、ギブスの装着や軟骨の移植手術を行うこともあります。

骨端症の予防法

一部分に負荷が集中する運動を繰り返さず、体全体をバランスよく使うことが大切です。またオーバーワークの防止も重要です。疲れが残っていると感じるときは、思い切って休養することも大事なトレーニングです。疲労が完全に回復することで、さらに強化されていきます。

さらに関節周辺の筋力強化は、とても効果的な予防法です。筋力を鍛えることで、関節への負担が軽減されます。

そのほか、適切な体重維持、インソールなどの衝撃吸収材の活用、運動前後のストレッチ、水分や栄養の補給なども、とても有効的な予防法です。

【離断性骨軟骨炎】軟骨が剥がれ落ちる障害

軟骨部分が骨から剥がれ落ちる障害です。2つの骨が混ざり合う関節部は、向かい合った骨の表面が軟骨で覆われています。その軟骨の一部が骨から剥がれて、関節炎を引き起こす障害が「離断性骨軟骨炎(りだつせいこつなんこつえん)」です。

骨端症の一種で、股関節や膝関節、肘関節などで起こります。野球肘やテニス肘はこれに該当します。

離断性骨軟骨炎の原因と症状

膝関節では、ジャンプ、着地、方向転換など、強い衝撃が加わることで発生する、と考えられています。膝離断性骨軟骨炎といわれるスポーツ外傷で、膝の屈伸時に一定角度を超えて伸展できないロッキングを起こすことがあります。

肘関節では、大きな負荷とひねりが加わることで起こるとされます。一般的に軽症とされますが、稀に重症化することもあります。テニス肘、ゴルフ肘、野球肘などが代表例です。

軽度(骨片が遊離していない)の症状は、不快感や鈍痛程度で自覚症状がないこともあります。重度(骨片が遊離している)の場合は、痛みや炎症が強くなったり、骨片が関節に挟まり関節のズレや稼動が制限されたりすることがあります。

3つの離断性骨軟骨炎

骨軟骨片の状態で3つのタイプに分類することができます。

  • タイプ1:骨軟骨片が骨本体に付着している状態(浮き上がりなし)
  • タイプ2:骨軟骨片が骨本体から浮き上がっている状態(浮き上がり)
  • タイプ3:骨軟骨片が骨本体から完全に離れている状態(完全な遊離)

タイプ3の完全に離れた骨軟骨片は、関節内遊離体もしくは関節ネズミといわれ、関節内を動き回り、関節に挟まったり炎症を引き起こしたりします。

離断性骨軟骨炎の治療と予防

タイプ1~2の軽度の場合は、安静や固定などで経過を診ることになります。自覚症状があまりないため、見過ごされてタイプ3に移行することがあります。また骨軟骨片にドリルで穴を開け、固定する治療を行うこともあります。

骨軟骨片は完全に遊離している「関節遊離体」の場合は、陥頓症(かんとんしょう)を引き起こす恐れがあるので、摘出手術が行われます。欠損部が大きいときは、軟骨移植手術を行うこともあります。

離断性骨軟骨炎の原因は、一部の関節に対して、何度も強い力が加わることで起きることから、「使い過ぎ」ということになります。その予防法としては、練習を制限することが求められます。関節の疲労や限界を感じるのは難しいかもしれませんが、練習時間を制限するなどの管理が大切になります。