【オスグッド病】膝関節の骨端症を早期回復させる方法

骨端症 オスグッド病

オスグッド病はヒザの骨端症(こったんしょう)で、10~15歳に多い軟骨傷害です。10~15歳といえば、骨は軟骨割合が多い子供ですが、筋肉は急激に成長して大人になります。そのアンバランスに加え、過度な膝の曲げ伸ばしを行うことで、骨と筋肉のつなぎ目が剥がれる障害です。

サッカー、バスケットボール、バレーボール、陸上スポーツで多く発症するのは、スポーツの中でも膝に過度な負担がかかるからです。適切な対処で早期回復できますが、成人になってからの後遺症もあります。

オスグッド病の原因

オスグッド病とは

オスグッド・シュラッター病

オスグッド病(オスグッド・シュラッター症候群)は、ヒザ周辺の「成長軟骨」が筋肉に引っ張られ、軟骨部分が裂け腫れや痛みが発生します。

太ももの前面にある大腿四頭筋は、ヒザの皿(膝蓋骨)と腱(膝蓋腱)を通して、脛骨粗面(けいこつそめん)に付いています。脛骨はスネを構成する2本の骨(脛骨と腓骨)の太いほうで、その前面が脛骨粗面です。脛骨粗面は成長軟骨で構成されているため、強い力に耐えられません。

オスグッド病の原因

骨が未成熟、筋肉が急成長、激しく膝(脚の最大筋肉である大腿四頭筋)を使うことで、骨(軟骨状態)と筋肉の接合部分である脛骨粗面(膝蓋結節)が炎症・剥離します。 この軟骨は18歳ぐらいまでに骨化し症状が治まりますが、対処が悪いと成人になってから後遺症になることがあります。

発症しやすいスポーツ

すべてのスポーツで発症しますが、特に跳躍、ダッシュ、キックなど、大腿四頭筋を激しく使うスポーツで発症しやすい障害です。たとえばサッカー、バスケットボール、バレーボール、陸上競技、バトミントンなどです。トレーニングでも同様に、大腿四頭筋の激しい伸縮で発症します。「うさぎ跳び」が禁止になったのも、オスグッド病が多く発症したためといわれています。

オスグッド病の症状と治療法

オスグッド病の症状

ヒザ周辺に、痛みと腫れが起こります。ヒザ前面下部に痛みが現れることが多く、剥離により骨が突出することがあります。また骨端核が完全に剥離する「裂離骨折」を起こすことも稀にあります。その場合は、激しい痛みをともないます。

オスグッド病の治療法

主な治療法は「安静」になります。痛みがある場合はアイシングを行い、テーピングやサポーターで固定する保存療法を行います。ヒザに違和感や痛みがあるときは、剥離状態を確認するためレントゲンやMRIで診断します。通常3~6ヶ月は運動することで痛みが発生するため、スポーツを止められることもあります。

オスグッド病の早期回復3つのカギ

「安静」療法で痛みは消失し、時間の経過とともに骨化するため改善します。しかしスポーツ選手にとって、ベストな選択ではありません。筋肉は衰え運動機能も低下、復帰してもリハビリ状態でパフォーマンスを発揮するには多くの時間を要します。少しでも早く回復し、筋肉の衰えを防止する方法が必要です。

  1. ストレッチで血行を高め修復作用をアップする
  2. 筋膜・軟骨・骨成分の供給で修復作用をアップする
  3. 筋力低下を防止してリハビリ期間を短縮する

1、ストレッチで血行を高め修復作用をアップする

修復作用は血液が、免疫物質、酸素、栄養素、を運ぶことで行われます。しかし軟骨や骨、腱や靭帯には血管も痛覚神経もありません。そのカギを握っているのが「筋膜」です。軟骨や腱を包む筋膜には、血管や痛覚神経の受容体である終末が存在します。痛みがあるのは、軟骨ではなくそれを包む筋膜の炎症や損傷だったのです。この筋膜を活性化して血行を上げるには、ストレッチや筋膜リリースが有効です。

避けたいのが過度なアイシングです。患部を冷やすことで痛みは軽減しますが、それは痛覚神経の受容体が麻痺しているだけで、血行不良で回復が遅れます。アイシングは初期段階にとどめて、1日~2日以降は温めるのが効果的です。炎症も早期回復のための自然治癒力です。糖尿病などの病気でない限り、炎症を一定程度に抑える機能が備わっています。

▶ひざ痛を改善する筋膜リリース特集!

2、筋膜・軟骨・骨成分の供給で修復作用をアップする

ひざの栄養

患部の血流を良くするのは、より多くの酸素と栄養を届けるためです。これは炎症作用により血液を集中させることでも分かります。修復作用をアップさせる主要成分は下記のとおりです。

  • 筋膜:Ⅰ型コラーゲン
  • 血管:Ⅰ型コラーゲン、エラスチン
  • 軟骨:Ⅱ型コラーゲン、プロテオグリカン
  • 骨類:Ⅰ型コラーゲン、プロテオグリカン
膝関節周辺の成分割合(%:乾燥重量)
有機物の割合  腱  軟 骨 靭 帯 大動脈  骨  象牙質
コラーゲン(Ⅰ型またはⅡ型) 85.3 52.5 16.4 29.5 25.6 20.2
エラスチン 5.3 0 75.3 33.8 0 0
プロテオグリカン 2.6 32.8 1.2 4.2 0.2 0.6
無機物 1.3 4.9 1.2 2.9 72.2 77.5

膝軟骨成分としてコンドロイチンが有名ですが、これはプロテオグリカンオ構成成分です。またグルコサミンはコンドロイチンの原料となります。つまりプロテオグリカンで摂ることが有効と考えています。

3、筋力低下を防止してリハビリ期間を短縮する

HMBの筋肉増加量と筋肉維持量

療養中で気になるのが「筋力低下」です。筋力低下は今までの努力が無駄になるばかりか、筋肉を元に戻すために相当の時間を要します。なんとか筋力の低下さ避け、早く復帰したいところです。

筋力低下を抑制する成分として注目されているのが「HMBカルシウム」です。筋肉増強で有名な成分ですが、寝たきり高齢者の筋力低下を抑制するとして、厚生労働省も推奨しています。

現在、世界中で治験が行われており、その期待値が分かります。臨床データの中には、ベット療養高齢者を対象に毎食後1ℊのHMBを摂取させたところ、筋力低下が10分の1程度に抑えられたことが報告されています。復帰後の筋力回復にも大きな役割を果たすことでしょう。

▶筋トレ効果6倍のHMBカルシウムで筋力低下防止と筋肉増強

関節をサポートする軟骨成分!今だけ無料

「関節は栄養からできています!」
そんな
関節がよろこぶ栄養を数量限定で無料お届け!

ファイバープロテイン(Ⅰ型・Ⅱ型コラーゲン・Ⅲ型コラーゲン誘導体)にコンドロイチンとグルコサミン、さらにコラーゲン類を体内合成する補酵素などを配合!