骨折の種類と特徴!

骨折の種類

 

骨折には色々な種類があって、よく分からないですよね!勘違いしていることも多いようです。骨折の種類は、原因、折れ方、部位によって分けられます。骨折の種類によって症状や治療法にも違いがあるため、 まずは骨折の分類方法についてみていきましょう。

◀◀◀ そもそも「骨折」とは?

骨折の種類(分類方法)

骨折の原因による種類

外傷骨折(がいしょうこっせつ)

外から力が加わったことで起こる骨折を「外傷骨折」といいます。体当たりや交通事故などによる骨折がこれにあたります。ただし病的要因がある場合は、病的骨折になります。

疲労骨折(ひろうこっせつ)

同じところに、繰り返し外力が加わることで起こるのが「疲労骨折」です。弱い力でも続けて力が加わると脆くなっていきます。そのため不全骨折や亀裂骨折になりやすいのが特徴です。

「疲労骨折の原因と症状、そして回復を早める予防法とは?」

病的骨折(びょうてきこっせつ)

骨肉腫などの病気によって、骨の耐久性が低下することで起こる場合を「病的骨折」といいます。健康な骨では問題ない力でも、骨が弱くなっているので折れやすくなります。

骨折部位による種類

骨幹部骨折と骨端部骨折
骨幹部骨折(こつかんぶこっせつ)

骨の中央付近での骨折を「骨幹部骨折」といいます。

骨端部骨折(こつたんぶこっせつ)

骨の端側の骨折を「骨端部骨折」といいます。両端の内、体幹に近い方の骨折を「近位端骨折」、遠い方を「遠位端骨折」といいます。体幹内では上部を近端位とします。

関節骨折(かんせつこっせつ)

関節部の骨折のことをといい「脱臼骨折」も含まれます。

骨折の完全性による種類

完全骨折と不全骨折
完全骨折(かんぜんこっせつ)

完全に骨が断裂している状態を「完全骨折」といいます。

不全骨折(ふぜんこっせつ)

完全に断裂していない骨状態を「不全骨折」といいます。ヒビが入った状態の「亀裂骨折」、骨本体は折れていても骨膜に損傷がない状態の「骨膜下骨折」などがあります。

開放性による種類

開放骨折と閉鎖骨折
閉鎖骨折(へいさこっせつ)

骨折部分が体外に出ていない骨折を「閉鎖骨折」といいます。骨が露出している「開放骨折」と比べて使われます。

開放骨折(かいほうこっせつ)

骨折部分が体外に露出している骨折を「開放骨折」といいます。放置すると感染症や出血多量により死に至るため、緊急手術が必要になります。 「複雑骨折」に該当します。

骨折線の数による種類

単純骨折と複合骨折
単純骨折(たんじゅんこっせつ)

1ヵ所しか折れていない場合を「単純骨折」といいます。いわゆる骨折線が1つしかない状態です。複数の骨折でも、1つの骨の骨折が1ヵ所ならば単純骨折になります。

複合骨折(ふくごうこっせつ)

1つの骨が複数ヵ所折れている場合を「複合骨折」といいます。骨折線が複数本ある状態で「重複骨折」と呼ばれます。細かく折れている複合は「粉砕骨折」ともいいます。  

骨折の方向による種類 

骨折線による分類
横骨折(よここっせつ)

骨折ラインが骨の長辺に対して、ほぼ直角に折れている骨折を「横骨折」といいます。

縦骨折(たてこっせつ)

骨折ラインが骨の長辺に対して、ほぼ平行に折れている骨折を「縦骨折」といいます。

斜骨折(しゃこっせつ・ななめこっせつ)

骨折ラインが骨の長辺に対して、ほぼ斜めに折れている骨折を「斜骨折」といいます。

螺旋骨折(らせんこっせつ)

骨折ラインが骨の長辺に対して、らせん状に折れている骨折を「螺旋骨折」といいます。  

外力のかかり方による種類 

剪断骨折 (せんだんこっせつ)

骨の長辺に対して、垂直方向に滑るような力が働いたときに起こる骨折を「せん断骨折」といいます。(せん断とは剪断応力またはシャー応力のことです)

圧迫骨折 (あっぱくこっせつ)

骨が押されるように、圧迫されることで起こる骨折を「圧迫骨折」といいます。骨粗鬆症などで骨が脆くなると、日常的な弱い力でも圧迫骨折のリスクが高まります。

捻転骨折(ねんてんこっせつ)

骨に捻じれるような力が働いたことで起こる骨折を「捻転骨折」といい、螺旋骨折(らせんこっせつ)になりやすい特徴があります。

屈曲骨折(くっきょくこっせつ)

骨を折り曲げるような力が働いたことで起こる骨折を「屈曲骨折」といい、複合骨折になりやすい特徴があります。複合の状態によっては手術が必要になります。

剥離骨折 (はくりこっせつ)

骨に直接的な力が働いたのではなく、筋肉・じん帯・腱などが引っ張られたことで、骨との結合部分が引き裂かれることで起こる骨折を「剥離骨折」といいます。状態によっては手術が必要になります。

剥離骨折の治療期間を早め予防効果を高める3つのポイント

その他の種類 

複雑骨折 (ふくざつこっせつ)

治療が複雑になる骨折を「複雑骨折」といい、開放骨折に多く、感染症や輸血などの治療を同時に行います。複雑に折れた骨折と間違えられますが、それは「複合骨折」や「重複骨折」です。

  ▶▶▶ 「骨折の症状と治療法」に続く!  

<お役に立つ関連情報>

この記事に関するキーワード

コメント

「骨折の種類と特徴!」に対する3件のコメント