疲労骨折の原因と症状!復帰を早める方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
疲労骨折の原因と症状

気づいたら「疲労骨折だった!」なんてこともあります。転倒やぶつけた記憶もないのに。なぜ?

疲労骨折は「同じ部分」「弱い力」「何度も加わる」ことで起こります。シューズのひもを強く結んでいるだけでも、足の甲が疲労骨折することがあります。

また疲労骨折をしやすい人もいます。疲労骨折の原因から、1日も早く復帰する治療法をご紹介します。

疲労骨折とは?

疲労骨折とは、骨の同一部分に、外力が繰り返し加わることで起こる骨折です。一度にかかる力は強くなくても、何度も続けて力が加わると、金属疲労のようにその部分がモロくなっていきます。

短期的な集中トレーニングで起こることが多く、軽度では細かいヒビが入り重度では完全断裂します。疲労骨折は早期発見と早期治療が大切です。治療開始が1日遅れると、完治にその何倍もかかります。

疲労骨折の症状は、初期段階において軽いことも多いので、ついつい無理をして悪化させることも少なくありません。しかし、しっかりと対策をすれば、悪化を防ぐことができます。

疲労骨折の原因とは?

疲労骨折は、継続的にスポーツをする人全般に起こる障害ですが、女性に多いのがひとつの特徴でもあります。女性に多い原因は3つあります。

スポーツでの疲労骨折の原因は

疲労骨折

  • 継続的な負荷(跳躍や長時間の疾走など)
  • 筋力不足での無理な動きの反復
  • 未熟な技術による不適切な動きの反復
  • 体の柔軟性不足による負荷の集中
  • 靴などの用具の締め付けすぎ
  • 靴などの用具の衝撃吸収性の不足

激しい運動による「骨密度の低下」

激しい運動は、タンパク質を破壊してエネルギー化します。通常は筋肉が分解されますが、激しい運動では骨タンパク質の破壊も起こります。タンパク質が減少しカルシウムが流出!骨密度が低下します。

疲労骨折は女性特有の疾患のシグナル?

女性特有の原因によっても、骨密度が低下します。疲労骨折はその1症状として現れることがあります。それは無月経 摂食障害 骨粗鬆症の3つです。

女性アスリートによくある症状として「無月経」「摂食障害」があります。それが原因でホルモンのバランスが崩れ、タンパク質の代謝が変わり、カルシウムが流出し、骨密度が低下する恐れがあります。

ご心配な方は今すぐ「疲労骨折を早く治す方法と予防方法!」で対処してください。よく使う足首や腰を骨折すると、完全に復帰するまで半年以上かかることもあるので、早め早めに対策をしてください。

疲労骨折を起こしやすいスポーツは?

疲労骨折しやすい骨

さまざまなスポーツで疲労骨折は起こりますが、特に多いスポーツが跳躍系の体操、長距離陸上走、バレーボール、バスケットボール、サッカー、野球が上位を占めます。普段からの意識が大切です。

またスポーツの種目によっても、疲労骨折しやすい部位は変わります。もっとも発生しやすいのが、中足骨、脛骨、腓骨、肋骨などで、負荷が集中する下肢に多く起こります。そのほか大腿骨や膝蓋骨(ヒザの皿)、骨盤や踵骨(かかと)でも起こります。

疲労骨折の症状

初期症状でしっかり治療を!

疲労骨折の初期症状は、運動で患部に負荷がかかるとき痛みます。運動をやめると痛みが治まります。外傷がなく腫れないケースもあるため、そのまま運動を継続して症状を悪化させることがあります。

疲労骨折の症状は、運動を継続することでドンドン悪化していきます。この時点で適切な治療ができると、1ヶ月ほどで復帰することができますが、治療開始が遅れると治療期間が何倍もかかります。

症状が悪化すると、運動中だけではなく、安静時でも痛みが起こります。腫れあがったり、硬いものが隆起したりすることもあります。とくかく違和感を感じたときは、すぐに止める勇気も必要です。

疲労骨折の治療

中足骨の骨折治療

通常は、ギブスや装具をつけず「安静」にして「栄養療法」が中心になります。完治期間(治療期間)は3週間~12週間を要します。そして疲労骨折の原因の排除と改善が必要になります。

完全に骨折している場合は、通常の「骨折治療」と「栄養療法」が必要です。大腿骨や頸椎が疲労骨折した場合は、外科手術の検討が必要になります。

疲労骨折の原因のまとめ

疲労骨折の原因は、大きく分けて3つあります。①同じ部分に集中的に繰り返し負荷がかかる②骨疲労している部分の栄養が不足している③女性特有の問題です。そのなかで症状を軽減、予防や早期回復をするために、ご自身で出来ることが必須栄養の摂取です。

疲労骨折を早く治すには、早期発見・早期治療がポイントです!違和感があってから運動を継続していると、1分単位で悪化すると思ってください。治療期間が1週間単位で延びていきます。

疲労骨折が見つかった場合は、最低でも3~8週間の運動中止が必要です。その後に医師の指導のもと、徐々に運動を再開してください。ここで無理をすると、1ヶ月単位で治療期間が長くなるばかりか、日常生活にも支障をきたすことになります。まずは「安静」と「栄養療法」です。

疲労骨折を早く治す「栄養療法」は「つづき」をご覧ください!

▶▶▶ つづきを見る「疲労骨折を早く治す方法と予防法」

<お役立ち記事集>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!骨を鍛えるファイバープロテイン!

骨の命は「ファイバープロテイン」です!

骨は網目状の繊維タンパク質が柱になって、丈夫な骨を築きます。建物に例えると鉄筋コンクリートの鉄筋の役割をしています。鉄筋が少ないと建物はもろく崩れてしまいますよね!

≪スポコラSPEED 3X≫は、骨に必要な3種のコラーゲンとコンドロイチン&グルコサミンを高配合したファイパープロテインです。

今だけ無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます


★ 今だけチャンス!人数限定につきお早めに! ★ 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*