[コラーゲン+鼻呼吸]で動脈硬化の改善!10年前の肉体へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
動脈硬化の原因改善

知っていますか?「動脈硬化が何歳から始まるか?」

なんと!10歳過ぎから動脈硬化の進行が始まっています。病気の発症は40歳以降に多くなりますが、動脈硬化そのものは中学生くらいから始まります。それが運動機能に少しずつ影響を与えていきます。

動脈硬化の原因を改善させるには?それはスポーツのスキルアップにとって大切なことです。

 動脈硬化がスポーツに与える影響

今までスポーツと動脈硬化の関係は、あまり考えられてきませんでした。しかし昨今の食生活の影響もあって、多くの小中学生にも動脈硬化が確認されていることから、運動機能の成長にも影響が指摘されています。

運動機能への影響!(動脈硬化の症状)

動脈硬化を原因として、血管の伸縮性や膨張性が低下します。それは血流量に変化を引き起こします。

運動で筋肉を動かすと、大量のエネルギーや酸素が必要になります。それを運ぶのが血液で、その道が血管です。血圧や心拍数がそれを調整します。この能力を左右するのが血管の柔軟性なのです。

動脈硬化が進行すると、さまざまな症状が起こり始めます。

◆血圧の上昇:瞬発的な動きは、血流量を急激に増加させます。そのとき血管が膨張して、大量の血液が流れるようにします。動脈硬化で血管が硬くなると、膨張性が失われ血圧が急上昇します。膨張した血管を高速道路に例えると、硬化した血管は狭い道路に大量の自動車が入り込んできた渋滞状態です。

◆心拍数の上昇や息切れ:血圧の急上昇は、血管が細い(膨張しない)ため、血流の圧力をあげて血流量を確保する機能です。それでも血流量が足りないと、ポンプ(心臓)の回転数をあげて血流量を増やします。それが心拍数の上昇や息切れの原因です。とても重い負担が心臓にかかることになります。

◆疲れやすさや回復力の遅れ:筋肉を動かすと、必ず疲労物質や活性酸素が発生します。それを処理するのが栄養素や酸素で、これを届けるのが血液であり血管です。この血管の機能を低下させるのが「動脈硬化」なのです。新陳代謝や疲労回復は、凸凹ではなくきれいな道が効果を発揮します。

◆脳機能の低下:判断力、動体視力、俊敏性、思考力、認知力、記憶力などの脳機能は、血中酸素量と血流量で変わります。動脈硬化が脳機能に影響を与えるのは、このことが理由です。鼻呼吸で血中酸素量を増やし、血管の柔軟性が血流量を改善させます。

動脈硬化を改善するには!

動脈硬化の原因を減少させ、隠れ動脈硬化の改善するには、3つの要素がカギになります。

動脈硬化を改善する「血管運動」

どんなサプリメントや薬を摂っても、血管を動かさないと低効果になります。栄養や酸素は活性化している細胞に、行きやすい性質があります。筋肉を太くするために筋肉を動かすのと同じです。

そのための血管運動とは、適度な毎日の運動です。1週間に1度の激しい運動よりも、毎日30分の軽い運動の方が効果的です。

動脈硬化を改善する「柔軟栄養」

血管はゴムホースのように伸縮します。これが血管の柔軟性です。この柔軟性を作っているのが、繊維質タンパク質であるコラーゲンなのです。無数の糸が織り込まれた繊維状の血管壁は、90%以上がコラーゲン質です。

動脈硬化を改善する「成長睡眠」

細胞の成長は、就寝中に分泌される成長ホルモンによって行われます。質の高い睡眠は、動脈硬化の予防や改善には欠かせません。

[コラーゲン+鼻呼吸]の動脈硬化の改善力!

 「コラーゲン」動脈硬化の改善効果

コラーゲンとは、元々繊維質タンパク質のことでもあります。この繊維質タンパク質が血管壁の正体です。伸縮したり膨張収縮したりといった血管の柔軟性は、コラーゲンそのものの機能でもあるのです。コラーゲンを積極的にとることで、柔軟性が高まることが期待されます。

【PR】スポーツの能力開発のために研究された「トリプル・コラーゲン」の無料お試し!

「鼻呼吸」動脈硬化の改善効果

鼻呼吸は細胞活性化の基本です。鼻呼吸をすることで、自然に横隔膜を上下する腹式呼吸になります。その結果、血中酸素量が増え、細胞の活性化が促されます。深呼吸をすると頭がスッキリしますが、このスッキリは全身の細胞でも起こっています。

フルタイム鼻呼吸にすることで、コラーゲンなどの栄養素の吸収性や活性を高めることが期待されます。鼻呼吸を簡単に習慣化するには「口呼吸を鼻呼吸に改善!誰でもできる3つの方法とは?」がお役に立ちます。

「コラーゲン+鼻呼吸」の相乗効果!

ゴールデンコンビの「コラーゲン&鼻呼吸」は、高い相乗効果が期待できます。酸素供給で細胞を活性化させ、血管に必要なコラーゲンを送り込むことで、コラーゲン成分の吸収と作用が変わるとされています。

[コラーゲン+鼻呼吸]その他の可能性!

  • 美肌効果:コラーゲンは美肌で有名ですが、それは細胞が活性化した証拠です。それが鼻呼吸とあわさると更なる期待が高まります。
  • 内臓機能:全身の細胞はつながっています。表面の肌がキレイになるということは、内臓などのほかの細胞も元気になっているということです。
  • 骨粗鬆症:骨たんぱく質であるⅠ型コラーゲンの活性は、骨の組成に大きく影響します。「骨密度があがり骨粗鬆症を予防した68歳女性がしたこと!
  • 骨折早期回復:骨折を治すには大量の繊維状タンパク質が必要になります。「骨折の治療期間を3倍早める2つのタンパク質」でご紹介しています。
  • その他:捻挫早期回復、靭帯の補修などが期待されます。

まとめ

  • 10歳過ぎから動脈硬化が進行する!
  • 動脈硬化はスポーツ機能に影響を与える!
  • 動脈硬化の原因を改善するには「運動」「栄養」「睡眠」が必要!
  • 血管の柔軟性はコラーゲンが作り出している!
  • コラーゲンの効果は鼻呼吸で劇的に高まる!

【PR】すで動脈硬化の心配がある方は、さらに強力で血管のお掃除屋さんともいわれる「低分子レシチン」をおすすめします。血栓を処理して成長ホルモンの分泌を促す効果が期待せれています!気になる方は一度チェックしてください。「低分子スーパーレシチンがお役に立てるワケ!

【お役立ち情報】
鼻呼吸で予防&改善できる主な症状!
奇跡は一晩で起きた!慢性的な鼻づまりの原因の解消法!
3%の人しか知らない鼻呼吸で変わる20の効果!
疲れが取れない人の回復力5倍!「口呼吸改善法」
「ヨガ呼吸法+コラーゲン」で驚異の美肌効果&細胞力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!柔軟性を鍛えるファイバープロテイン!

柔軟性はスポーツ人生を左右します!

〔柔軟性の高さ〕≒〔ケガしにくい〕≒〔スポーツレベル〕その柔軟性をサポートするのが≪スポコラSPEED 3X≫です!

今なら無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます。


★ 今だけチャンス!人数限定 ★

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*