スポーツ栄養学

スポーツと栄養には密接な関係があります。ケガをしにくい身体、ケガの治りのスピード、持久力や瞬発力、認知力や判断力に至るまで、栄養が深く関わっています。すべての細胞やエネルギーは栄養から作られます!

 

<機能別の栄養学>

 

<コラーゲン/ファイバープロテイン>

 

<アミノ酸/プロテイン>

 

<ビタミン/ミネラル>

 

<機能的な成分>

乳酸を除去して疲労を軽減!3つの方法と効果的サプリ!

乳酸 除去

乳酸は「疲労物質」?

いいえ!エネルギー物質です。乳酸にはエネルギー代謝を効率化するスゴイ機能があったのです。

「では、乳酸は増えた方がいいのですか?」しかし乳酸には2つの顔があり、許容量を超えて過剰に発生すると、筋肉疲労の原因にもなります。

やはり、余分な乳酸を上手に除去することが、スポーツテクニックでもあるようです。

続きを読む

LDLコレステロール基準値!悪玉化を防ぐ脂質バランス!

脂質バランス

LDLコレステロールが基準値を超えて増加すると、血管の伸縮率を低下させ、運動機能に大きな影響を与えます。毎日運動しない方は、コレステロールの基準値をコントロールすることが大切です。

LDLコレステロールは、細胞膜やホルモンの材料になる重要な脂質ですが、脂質バランスが崩れ悪玉化すると、様々な機能障害を起こします。

続きを読む

糖代謝を効率化!運動強度とグリコーゲン調整4つのポイント

糖代謝イメージ

糖代謝のレベルは、無酸素運動だけでなく有酸素の運動機能においても、重要なファクターです。脂質代謝が中心の有酸素運動でも、糖が枯渇すると大きく機能低下します。

そんな糖の備蓄量を増やし、急激な枯渇リスクを避け、糖を効率的に代謝するには、4つのポイントがあります。

その中で重要な尺度になるのが「運動強度」と「グリコーゲン・コントロール」です。

続きを読む

解糖系とクエン酸回路!糖代謝力をアップする4つのこと

糖代謝サイクル

効率的な糖代謝は2つの回路の協力関係が大切!

糖の備蓄量は少なく、すぐに枯渇するエネルギー源です。しかし糖が代謝しなくなると、脂肪代謝も低下します。最終的に勝負を決する糖質!その代謝を効率的に行うには?

パフォーマンスを上げるには、いかに高いエネルギーを出し続けられるかがポイントですよね。ここでは瞬発系スポーツ・持久系スポーツともに重要な、糖の上手な付き合い方をご紹介します。

続きを読む

チアシードの危険性を除去する3つのこと!

チアシードの危険性を排除する!

ダイエット効果の高いチアシードにも、危険なマイナスがあるのをご存知ですか?

うっかり食べて下痢や頭痛、発熱やおう吐などを起こすこともあります。

その危険とは?また危険を排除することはできるのでしょうか?

続きを読む

チアシードに副作用があるって本当ですか?

チアシードの副作用って?

チアシードを食べて、下痢や腹痛になったという方がいます。チアシードには副作用はありませんが、副作用に似た症状を起こすことが数多く報告されています。

また一部の医薬品でも問題が指摘されています。チアシードの副作用といわれる原因と対策は?

  続きを読む

低GI値食品一覧表-太りにくい食べ物をご紹介!

ice cleam

お腹いっぱい食べても、太りにくい食品は「低GI食品」といわれ、その指標はダイエットなどの目安になっています。

カロリーが同じでも、吸収性の違いによって血糖値が変わります。

そのためダイエットや糖をコントロールしている人は、血糖値がどのくらいのスピードで上がるかを示すGI値(グリセミック・インデックス)が大切な指標になります。

続きを読む