筋膜とは?筋膜リリースとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
筋膜とは?

筋肉トラブル、バランス感覚、疲労回復、身体機能、ケガのしやすさなどへの影響として「筋膜」が注目されています。

それらはスポーツや日常生活によって、筋膜に歪みや炎症が生じることで起こります。本来、その歪みなどは自然に修正するのですが、あることを原因として筋膜の修正力が低下します。

その筋膜障害を改善するのが「筋膜リリース」または「筋膜はがし」といわれる方法で、すでに多くの実績をあげています。

筋膜とは?

筋膜とは、筋肉を包んでいるⅠ型コラーゲンの薄い膜のことです。筋線維一本一本から筋束(筋肉組織)、腱や血管、腎臓や肝臓など、体内のすべての器官を包んでいます。

筋膜のハリ

筋肉や内臓があるべき位置に収まっているのは、筋膜同士が連結してそれらを支えているためです。筋膜がないと、体のすべての部位はバラバラになってしまうわけです。

その筋膜の連結が、シワが発生している部分から離れた膜を引っ張り、ハリや痛み、可動域制限の原因になります。

着ている洋服の一部を引っ張られた感じですね。

筋膜の機能障害の影響!

筋膜に起こる機能障害とは、筋膜の炎症やシワ、その癒着や破損などで、コラーゲン線維が硬くなり筋膜の柔軟性がなくなることで発症する、筋肉の痛みやハリ、コリや可動域の減少などです。

また筋膜の機能障害は、筋肉や関節だけでなく、神経や血管も圧迫します。それにより神経障害、自律神経失調症、疲れやすさと回復力の低下、免疫機能の低下、うつや不安神経症などにも関連します。

筋膜の機能障害で起こる症状

筋肉のハリ、筋肉痛(実際は筋膜痛)、頭痛、肩コリ、腰痛、ひざ痛、四十肩、五十肩、その他関節痛、関節の可動域の減少、冷え性、むくみ、便秘、太りやすさ、不眠、疲労感、全身のだるさ、捻挫を起こしやすくなる、息苦しい、ぽっこりお腹、猫背、O脚、X脚、神経痛、手足のしびれ、自律神経失調症、免疫低下、うつや不安神経症などの神経障害など

筋膜の機能障害の3つの原因!

筋膜が障害を起こす原因は、大きく分けて3つあります。

①酷使しすぎ

回復の許容値を超えて、筋肉や関節を酷使すると筋膜炎を発症します。運動のし過ぎや長時間同じ姿勢を続けることが酷使にあたります。運動では自分の限界値を知ることや休憩しながら行うことが大切です。同じ姿勢を続ける場合は、30分~1時間おきに体を動かす習慣をつけましょう。

②運動不足

運動不足で身体が硬くなることを経験した人も多いと思います。これはコラーゲン線維が硬くなることで、筋膜が硬縮する現象です。動きが少なくなると血流が減少し、柔軟性が低下します。また人体は常に進化を続けており、長く使われない機能は衰退するメカニズムになっています。

③加齢

肩コリや腰痛が加齢で増加する原因は、筋力の衰えやストレスの増加などもありますが、コラーゲン線維の硬化が最大要因と思われます。筋膜だけでなく、血管の柔軟性もコラーゲンの働きです。

年齢を重ねることでコラーゲン産生能力が減少すると、血管の伸縮性の低下による血流量の低下、筋膜のハリや柔軟性の低下、体液の流動性の減少などが起こります。

その他の原因

その他にも、感染症や疲労物質の蓄積、活性酸素の影響などでも筋膜の硬縮や炎症を発症させます。

その筋膜を正常に戻すのが『筋膜リリース』または『筋膜はがし』といわれるストレッチ法です。

筋膜リリースとは?

筋膜&筋膜リリース

通常のストレッチとは違い、腱や部分的な筋肉を伸ばすのではなく、面を伸ばしながら押すのがポイントです。いわゆる「押し伸ばし」です。運動をするしないに関わらず、毎日継続することが大切です。

具体的な筋膜リリースはこちらでご紹介しています。

「筋膜リリース大特集!痛みや体調不良の原因は筋膜?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*