スポーツ界が注目するファイバープロテインとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ファイバープロテイン

スポーツ人生は、ファイバープロテインの質と量に左右されます!

スポーツの怪我で最も多い骨、関節、腱、靭帯の柔軟性と強靭性は、ファイバープロテインが作り出しています。

それが20歳を境に減少するのです!

ファイバープロテインとは!

骨のタンパク質繊維

ファイバープロテイン(Fibrous Protein)とは、繊維状タンパク質の総称で、真皮、骨、軟骨、腱、靭帯、血管などの主要な構成成分です。(タンパク質は球状と繊維状の2種類がある)

ファイバープロテインには、コラーゲン、ケラチン、エラスチンなどがあり、その中でもコラーゲンは体内タンパク質量の3分の1を占め、伸縮性、弾力性、柔軟性のもとになるタンパク質です。

コラーゲンはファイバープロテインの中でも、最も運動機能に直結しており、その質と量により運動機能のレベルが変わります。そのコラーゲンは、分子構造や機能性によって数十種類に分類されます。各機能を詳しくお知りになりたい方は「身体レベルが激高するコラーゲン効果の完全ガイド」をご覧下さい。

ファイバープロテインの主な働き!

ファイバープロテインは、体の骨格、運動機能、柔軟性、伸縮性、弾力性を作り出しています。また怪我の予防や怪我を早く治すためにも貢献します。

伸縮や曲げ伸ばす部分は、ファイバープロテインが主な構成成分です。鍛えられないと思われてきたそれらの部分は、負荷と栄養を上手に使うことで丈夫にすることが可能なのです。

骨の30%はコラーゲン

骨内のタンパク質の状態

骨の土台を作ります。骨のファイバープロテイン(骨タンパク質)は「Ⅰ型コラーゲン」が主成分です。コラーゲンはスポンジ状の土台となり、それにカルシウムがはまり込みます。

無機物のカルシウムだけでは骨になれません。折れない柔軟性や砕けない弾力性の土台をコラーゲンタンパク質が担うことで骨が構成されるのです。

詳しい説明は「骨折の治療期間を3倍早める2つのタンパク質」をご覧下さい。

軟骨の50%はコラーゲン

軟骨も骨と同様に、コラーゲンが土台を作ります。軟骨はⅠ型のほかにⅡ型コラーゲンの役割も大きく、それらがコンドロイチンなどのぷるぷる成分を抱え込みます。コラーゲンが、軟骨の弾力性の土台を築き、損傷にも対応できる軟骨をつくります。

腱と靭帯の90%はコラーゲン

腱と靭帯は、そのほとんどがコラーゲン成分です。腱や靭帯などのスジ類は、繊維の塊であり、ファイバープロテインそのものです。よく伸縮させ負荷をかけることで、丈夫にすることができます。

血圧・心拍数を安定させる!

血管の断面

血管の伸縮は、ファイバープロテインの得意技!

血管内壁の実に9割がファイバープロテインで、膨張や収縮を担っています。

急激な血流増加には、血管を膨張させ心拍数を安定させます。反対に集中するときは、体の血管を収縮させ脳に血液を送ります。これがスムーズにいかないと、ちょっとした運動でも心拍数が上がり、動悸・息切れ・めまいの原因になります。

 

その他にもファイバープロテインは、眼球や爪、肌や筋膜にも多く存在します。さらに細胞同士をつなぎとめ、細胞間物質として細胞への酸素や栄養の供給、細胞内の老廃物を排出したりします。

新陳代謝や疲労回復、運動機能の向上に大きな役割を果たしているのです!

怪我が治らない体が硬くなる原因!

コラーゲン量は年齢とともに減少

ファイバープロテインは、年齢とともに生成量を減少させます。

それは20歳前後をピークに減少していきます。それにより柔軟性や弾力性が失われ、体が硬くなる、心拍数が上がりやすい、瞬発力が低下する、怪我しやすくなる、怪我の治りが悪くなる、などの現象がでます。

それを軽減し、怪我の予防と治りを促進するには、ファイバープロテインの摂取が効果的とされます。

コラーゲンの増加

必要量としては、成人男性で乾燥体換算3~5g、激しい運動をされる方や怪我をしている方は、その倍~3倍が望ましいと考えています。

 まとめ

ファイバープロテインは繊維状のタンパク質のこと。その多くはコラーゲンと言われ体の弾力性、柔軟性、伸縮性などを作りだしている。運動機能の低下や身体的老化、怪我や故障を防ぐには、それらの積極的な摂取が望ましい。

【PR】現在、大好評につき「3日間無料!」キャンペーン継続中!

関連記事

骨折の治療期間を3倍早める2つのタンパク質
肉離れの痛みをとり2倍早く治す2つの秘訣!
【肩こり解消】2度と肩がこらない筋膜リリース体操!
腱鞘炎の治療を2倍に早める3種の栄養群!
身体レベルが激高するコラーゲン効果の完全ガイド!
スポーツ障害を激減させるコラーゲンの多い食品 一覧!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今だけ無料!身体機能を高めるファイバープロテイン

スポーツ機能をレベルアップ!今まで困難とされてきた骨や軟骨、じん帯や腱などの強化を栄養面からサポートするファイバープロテイン!

今なら無料でお試しできます!

無料キャンペーン実施中!

定員になり次第、締め切りとさせていただきます!


無料トライアルの特典をみる!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ひで より:

    大腿骨骨折(人工骨頭術後)を起こし、骨融合が少し遅れてます。
    45歳です。
    骨融合のアシストとして使用を考えています。
    骨融合促進につながりますか?

    1. Dr.SUDA より:

      ぜひお試しください。
      今までの多くの方から、うれしい報告を頂いております。

  2. 山田 より:

    8歳の息子が腕(肘の少し上)を骨折して10日程です。
    成長期の子供でもSPEED3Xの効果は同等に得られるでしょうか。
    また、成分的に問題はないでしょうか。
    ご教示お願い致します。

    1. Dr.SUDA より:

      お問合せありがとうございます。
      成分的には、小さなお子様が食べても問題になる原料は使用していません。ただ5歳以下ですと1包では多いかと思われますが、8歳であれば通常量がいいと思います。
      成長期は特に多くの栄養を消費します。小学生ぐらいまでに吸収する栄養が、骨格などの形成に重要な役割をしますので、ぜひ摂っていただきたい世代です。ちなみに骨格や骨密度のピークは10歳代後半~20歳代前半で、このレベルの高さが死ぬまで影響します。(骨密度は年齢とともに低下しますが、低下率が同じでもピークが高いと違いがでますよね!)

      私は中学生になるまでに5回も骨折をしていますが、それが丈夫な骨への探求につながっているのかもしれません。骨の健康度は免疫力とも大きく関係しているので、若いうちに丈夫な骨を作ることを意識してください。

      早く回復しますように!

コメントを残す

*